ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Aチーム

まさに愉快痛快な2時間だった!
「よっ!待ってました!」と掛け声をかけたくなるような
冒頭のAチーム一人一人の登場シーンから
テンションは上がりっぱなしで
一気に話も終わってしまうでっかい花火のような映画だった。

バルト9の400席ある大きな部屋の大スクリーンで鑑賞。
(大きいスクリーンで観て大正解だった!)
夜9時近い回だったのでお客さんは30人位?しかいなかった。


作戦がめちゃくちゃで面白いのも良かったけど
俳優たちがすごくよかったと思う。
これならTV版のファンもがっかりしないのでは?

特にクレイジーモンキー役のシャルト・コプリーは
(大傑作「第9地区」のヴィカスの人!)
本当にクレイジーで過剰で面白かった。

フェイス役のブラッドリー・クーパーも色男ぶりが最高だった。
(これも大傑作の「ハングオーバー」に出てた人!)
体もちょう鍛えてあって惚れ惚れしてしまった。

ハンニバル役はリーアム・ニーソン。
「96時間」の時もこいつ狂ってる…と思ったけど
今回は部下想い度とアクション度が上がって
ワイルドじじいといった風貌でかっこよかった。

ずっと髪の毛触りながらしゃべってるような
いまどきのヒョロヒョロ男子なんか
ちょっとリーアム・ニーソンに睨まれたら
悲鳴をあげて尻餅つくんじゃないかしら?

コング役の人は誰かわからなかったけど
(調べたら格闘技の人みたいだった。)
ファッションも地味になってて損な役回りだったのかも。
でも全然悪くはなかった。

みんな汗まみれでガッツにあふれた男達で
素直にまたこいつらの無茶な作戦が観たい!と思ってしまうような
とても楽しい映画だった。

そしてあのテーマ曲が頭から離れない!
ぱーぱらっぱー!じゃっじゃーんじゃーん!

スポンサーサイト
テーマ:特攻野郎Aチーム THE MOVIE - ジャンル:映画
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miirachoco.blog72.fc2.com/tb.php/94-027b772a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。