ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハロルドとモード

すごくすごく素敵な映画だった!
女も男も老いも若きもみんな観たほうがいいと思う!
そして精一杯生きるんだ!

観に行ったのはバウスシアターのレイトショー。
一番小さい部屋での上映で、お客さんは30人近く入っていたと思う。
(ほとんど若い人だったと思う。)

ストーリーは…
上流階級のお坊ちゃんだけど鬱屈した日々を送るハロルドは
趣味のお葬式めぐりをしている時に79歳のおばあさん・モードと出会う。
モードの自由すぎる行動に最初はどんびきしていたハロルドだが
その生き生きとした魅力にどんどん惹かれていって、完全に恋に落ちるが…
というお話。

ハロルドとモード2

モードが皺だらけなのに少女のようにかわいらしく見えて
その魅力的なことといったら…!
演じているルース・ゴードンは当時75歳位?
驚異的な若さと美しさだと思う。

そして、どこまでも空の広い風景の中で
ハロルドとモードが歩いたり、寄り添って語り合ったりするシーンは
それだけで感動しちゃう位美しかった。

いくつか印象的なシーンはあったけど
一番心に残ったのは
ハロルドがあげたプレゼントに
(昔東京タワーとかにあったメダルに好きな文字を刻めるやつ。青春!)
モードが心から喜んで
でもその直後にぽーんと夜の海にメダルを投げてしまったシーン。
一瞬びっくりしたけど
「これで一生なくさない」というモードのセリフで涙が出てしまった。

もっと前のシーンでも
「物はなくなると思ったほうがいい。
でもそれを知った上でのコレクションは意義がある。」
みたいなモードのセリフがあったから
それだけモードにとってそのメダルはなくしたくないものだったんだな…とか
自分がなくしてしまったと思っていたものは
本当はなくしてなかったのかも…てゆうかそう思いたい…とか
色々な想いが心の中にうずまいてしまった。

うっかり暑苦しいことを書いてしまったけど
全然そんな面倒な映画じゃなくて
警官とのコントみたいなシーンとか
陸軍の叔父を騙すシーンとか
笑えるシーンもたくさんあってすごく楽しい映画だった。

スポンサーサイト
テーマ:1970年代 - ジャンル:映画
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miirachoco.blog72.fc2.com/tb.php/92-ec454802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。