ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アウトレイジ

「全員悪人」のチャッチコピーがかっこいい!
思わず、観たい!と思ってしまうコピーです。

でも、全員完全に「悪人」でもなくて、
抵抗なく人に容赦ない暴力を振るったり、冷酷だったりするんだけど、
滑稽だったり幼稚だったり笑える部分もあって、
「男ってバカね」という結論に。


【以下ネタバレあり】


特にたけしの役なんかは、一番直接的な暴力をふるってたけど、
自分の手下のことは気にしてて人情派で、
でも人の言うこと真に受けて騙されて、一番バカだった。
罵り言葉が幼稚で、かわいらしくすらあったかも。
この人、実は中学生位から成長してないんじゃない?って感じがした。

椎名桔平は、すらりとしてて、かっこよかった。
そして、この人もバカで幼稚だった。
殺され方に妙な工夫をされて、一番サイアクなことに…
でもこの役にふさわしかった。
その直後の海辺のシーンが唐突に美しくて良かった。

塚本高史もバカだったけど、
あれはただの薄っぺらなガキという感じ。
この人はそうゆう頭の悪い役が似合うと思う。

三浦友和は、この映画の役とは全く関係ないけど、
吉祥寺にある福屋不動産のCMに出ていて、
そのCMがなんかすごいもんだから、勝手にヤクザ?と思っていたので、
私的には納得のキャスティング。

ただ、初日舞台挨拶で、
『R指定(R-15)が付いてるそうですが、
殴っても殴っても殴っても平気で立ち上がってくるような
テレビドラマの方がよっぽど問題あるような気がしてるので、
「暴力っていうのはこういうもんだ!」ってことを
きちんと見せた映画だと思います。』
と、コメントしたと公式ホームページに載っていたのを読んで、
この人まともなこと言うな~と感心した。

(その舞台挨拶の加瀬亮の
『女性の方も「男たちバカだな」と思って楽しんでくだされば』
というコメントを読んで、安心した。
「男ってバカね」という感想があってるのか自信がなかったから…)


一番悪人だと思ったのは誰?
みたいな話で盛り上がれそうな映画ではあるけど、
登場人物が感情を出さないから、
誰かに共感してカタルシスを得るような映画ではないと思う。

裏切りはヤクザ映画に限らずよくあるテーマだと思うけど、
この映画では、人を裏切っても誰も苦悩しないし、
人を陥れても誰もニヤリともしない。
そこがリアルな感じがした。

あと、変な高級ジャージみたいなのを家で着てるのも
リアルな感じがした。
本当のヤクザが家でどんな格好してるのか知らないけど…


期待していた暴力シーンは、きっちり見せてくれて満足できた。
歯医者のシーンとか最低で最高!
ラーメン屋のシーンもほぼコントで笑えた。


テレ東が出資してたから、そのうちテレビで観れると思うけど、
暴力シーンがカットされそうだから、
せめてDVDを借りて観るのがいいと思う。

バウスシアターで土曜の夕方の回に観て、
半分位は埋まっていたと思う。
ワールドカップのオランダ戦と少し時間がかぶってしまう割には
人が入っていたのでは?
スポンサーサイト
テーマ:北野武監督関係! - ジャンル:映画
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miirachoco.blog72.fc2.com/tb.php/76-c6c43bfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。