ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローラーガールズ

私この映画好きだ~って、
映画が始まってすぐにそう思いました。
そして、この映画が好きってゆう女の子とはきっと仲良くなれそうな、
そんな映画でした。


公開規模があまり大きくなくて、都内でも数箇所の公開。
普段あまり行かない有楽町で観ました。
公開初日の土曜の昼間の回で、200席位の劇場がほぼ満席。
意外に年齢層は高くて、シニアな人も割と見かけました。

ストーリーは…
テキサスの田舎町。
自分を美少女コンテストで優勝させることしか考えてないお母さん、
無意味に自分をバカにする学校のチアリーダー…
しっくりこない環境でさえない日々を送っている主人公が、
偶然、ワイルドな女のスポーツ「ローラーゲーム」に出会って、
すっかり魅了されてしまう…
というお話。


なんかもう登場人物がとにかく好き!
友達になりたくなるような愛すべき荒くれ女がたくさん出てきて
それだけでもなんだか楽しい。
デス・プルーフのあのゾーイ・ベルも出てた!

それと主人公が衝動にまかせてスケートを始めるシーンも
すごく良かった。
自分の好きなことに出会った楽しさや喜びが
こっちにも伝わってきて、
私まで、スケートやりたい、今すぐやりたい!って気持ちになった。

主人公の恋の顛末も、苦い結果ではあったかもしれないけど、
爽快だった。
「自立したワイルドな女」候補生の主人公らしい選択だと思う。

ワイルドでありたいって思っていても、
現実には、みっともなく突っ立って、
嘘か本当かわからない男の言い訳を聞いて、
自ら丸め込まれる女の子のなんと多いこと。
弱冠17歳にして、それに甘んじなかった主人公には、
まさに、そこにしびれるあこがれる!だと思う。

相手の男も、悪いヤツじゃないけど、
振り返ってみると兄貴についていってるだけの甘えんぼ?って
思えるのもうまい作りだと思う。

二人のプールのシーンは…
正直、息がよく続くな、撮るの大変そう…
とか余計なことを考えてしまった…

あと、ローラーゲームのシーンも臨場感があったのはすごく良かったけど、
ホイップのところとかはもうちょっと派手でも良かったと思う。


エンドクレジット観てても伝わってきたけど、
ドリュー・バリモアってすごくいい人なんだろうな、って思えた。
「25年目のキス」でのプロムのシーンとかでも感動したけど、
若い人にすごくいいメッセージを発信していると思う。
スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miirachoco.blog72.fc2.com/tb.php/70-f10b47d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。