ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し時間が経ってしまったけど、5/4に行って来ました。
国際フォーラムの広場には、
屋台がたくさん出ていて、人もたくさんいて、
本当にお祭りという感じ。

屋台もパエリヤとかエスニックフードとか種類が豊富で、
中には帝国ホテルの屋台まであって、
なんだかオシャレでしたよ。

熱狂1
※人がいっぱい!チケットがなくても、外のスクリーンで音楽が聴ける。

熱狂2
※わかりにくい写真だけど、屋台が並んでます。

私もコンサートの前に色々食べてみたかったけど、
時間があまりなかったので、
ベーグルとワインを大急ぎで平らげました。

今年はショパン生誕200年の年。
「ショパンの宇宙」というサブタイトル(?)がついてて、
まさにショパン三昧のプログラム。

チケットをとるのがギリギリだったので、
あまりいい席はとれなかったけど、それでも
「ピアノ協奏曲第1番」「ショパンと伝統音楽」「ショパンの葬送」
の三つのプログラムを見ることができた。

「ショパンと伝統音楽」は、すごくユニークだった。
ポーランドのフォークロアミュージックなんて聴くのは初めてだし、
遠くてよく見えなかったのが残念だけど、
とても変わった楽器で演奏していた。

男性が謎の特殊な発声で、ディジリドゥのような
お坊さんのお経の唱和のような
不思議な声を出して歌ったのも印象に残った。

また、民族衣装を着たダンサーも出てきて、
すごく楽しめた。

演奏をしていた「ゼスポール・ポルスキ」というグループが気になって、
ネットで検索してみたけど、あまり情報がない。
一人、弁髪みたいな頭のすごい人がいたように見えたんだけど…
体型もロッキーホラーショーのリチャード・オブライエンみたいに見えた。
でもステージが遠かったから(2階の一番後ろの席だったから)
見間違いをしてるのかもしれない…

「ショパンの葬送」はすごく楽しみにしていたけど、
隣の席の人がすごい口臭の持ち主で、
しゃべったりしていないのに、臭いが漂ってきて、
正直集中できなかった…残念…

スポンサーサイト
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miirachoco.blog72.fc2.com/tb.php/66-3e3a1ab4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。