ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この日は朝から雨。
きっちり早めに起きて、
朝ごはんを食べにワンタン食堂へ。

ここで私のワンタン観は覆されました…
ワンタン麺の大をオーダーしようとしたら、
お店のおばちゃんに大きすぎるからやめろと警告され、
中をオーダーしたのですが、
出てきたのは洗面器のように大きなドンブリに入った
大きなワンタンでした…!

ワンタンって、小さなお肉が入った薄い皮って思ってた…
これは、大きな肉ダンゴが厚い皮に包まれて、
ジャンボ水餃子って言ったほうがいいんじゃ…?
でも餃子の皮は普通丸いけど、
これは四角い皮に包まれているから、ワンタンと呼んでOK…?
思わずワンタンとは何ぞや?と考えてしまいました。

ワンタン麺
※問題のワンタン麺。巨大ワンタンがどっさりです。
私の一番嫌いな食べ物は「量が少ない食べ物」なので、これは大好物です。

肝心の味は、ワンタンも美味しいし、スープもあっさりしていて、
途中から豆板醤を足してもまた美味しかったです。
このお店も東京にあればいいのに!と思わずにいられないお店でした。

ワンタン麺とおばちゃん
※日本語は通じませんが、おばちゃんが明るくて居心地良いお店でした。

ワンタン作成のもよう
※ワンタンはお店の外で手作りしてます。

雨は降り続いていますが、その近く市場を散策。
沖縄の公設市場みたいな雰囲気です。

台北の市場
※小さい食べ物屋さんがたくさん。

おかずやとおばちゃん
※おかずやさん。タイにもこんなお店がありました。

おそうじモップ


台北のツボ本屋
※市場の近くの本屋さん。ツボの本やツボの模型がたくさん。

歩き疲れて、地下街で休憩。
ここの地下街は、中高生の喜びそうなファンシーショップや
アキバ系のお店がたくさんありました。

豆花
※豆花という甘いものに分類されている食べ物ですが、
ほぼ豆腐です!ほぼ甘くない!

その後、スーパーで買い物しました。
インスタントの牛肉麺や、ラー油などの調味料、お菓子など、
相当買い込みましたが、本当はもっと買い込みたかった…!

酸白菜
※たぶん前日食べた酸っぱい麺の酸っぱい白菜。
本当に買いたかったけど、冷凍食品だったので諦めました…

そして、いよいよ、日本から予約していたエステです。
シャングリラ ファーイースタンプラザ台北ホテルの最上階の
雲天芳泉というエステに行きました。
スーパーの買い物袋をぶら下げて高級ホテルに入るのは
少し恥ずかしかったのですが、さすが高級ホテルです。
ちっとも差別せずに親切に案内してもらえました。

最初にお茶を飲みながら、カウンセリングシートを記入して、
予約していたコースの確認をします。
好きな香りのオイルを選んで、個室に案内されます。

雲天芳泉の部屋
※広くはありませんでしたが、
シンプルで、窓が大きくて開放的で、素敵なお部屋です。

個室でシャワーを浴びて(アメニティはAVEDAでした)
バスローブに着替えたらエステティシャンを呼びます。
丁寧に丁寧に足湯とソフトな足裏マッサージをしてもらって、
ベッドに横になります。(ちなみに全裸です。)
私が選択していたボディマインドトリートメントというコースは、
すごくソフトなコースで、心からリラックスできました。
ソフトな中でも、お腹のマッサージとか要所要所では、
しっかりツボを押しているので、
ただ単に弱いマッサージという感じはしません。

本当に素敵な時間を過ごせたので、
次に台湾に来る時も絶対にまた来たいです!
てゆうか、このホテルにも泊まりたい!

夜ご飯は、前回来た時に小龍包がおいしくて感動した
明月湯包というお店へ。
相変わらず美味しかったです。

明月湯包の小龍包
※8個で120元という値段も素敵。

一旦ホテルに戻って荷物を置いて、夜市へ。
お祭りみたいで楽しい場所です。
美味しそうな食べ物もたくさんあって、
こんな場所がたくさんある台北に住んでいる人がうらやましいです。
胡椒餅という大きな饅頭を買って帰って、
お腹いっぱいな中食べましたが、ちょう美味しかったです。

産毛とり
※産毛とりは250元。
もみあげとかちょう痛いし、
赤ちゃんのおしりふきで全てのメイクを落とされるので、
相当な覚悟を持って臨むべし。
スポンサーサイト
テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miirachoco.blog72.fc2.com/tb.php/58-9759da45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。