ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しい宿での朝食もイングリッシュブレックファースト。
でもバーバラのところでは
シリアルがステンレスの容器に入れられていたけど、
ここでは買ってきた箱のままで置いてあって、
ざっくばらんな感じ。

ここでも、宿のマダムのキャロラインが
色々話しかけてくれた。
風呂やトイレがバーバラのところほど清潔ではないけど、
いい人そうで安心した。

スタンフォードブルック道路
※B&Bのある通り。
バーバラのところより金持ちぽい雰囲気。

この日、まず最初に行ったのは、テートブリテン。
ターナーの特別展をやっていたけど、
常設コーナーにもターナーの絵がものすごいたくさんあったので、
特別展は見なかった。
私がこっちに来て気に入ったコンスタンブルの部屋があって良かった。
どうして気に入ったのか考えてみて、
雲と光の表現が気に入ったのかな、と思った。
それと木々の細かい陰影に思わず引き込まれてしまう。
同じコンスタンブルでも、
人物画には特に何も感じなかった。

テートブリテン
※テートブリテン外観。
川沿いにあるので、寒かった。

その次は、V&Aにリベンジ。
ここは、まるで迷路。
すごく複雑なつくりで、更にMAPが有料だった(1ポンドだけど)ので、
ケチって買わなかったことが拍車をかけたのかも?
ガイドブックには「雑多な感じ」と書いてあって、
でもそれが逆に面白かった。

VAエントランス
※V&Aのエントランスのオブジェ。
ここも天井が高くて素敵な空間だった。

ランチは、中のカフェで、
クリスマスサンドというのを食べた。
クリスマスサンドが何か知らなかったけど、
季節限定とかに弱いので思わずオーダーしてみた。
紫色のソースが見えたので、
一瞬、げ!肉とブルーベリージャムの組み合わせ!?と焦ったけど、
ビーツの煮たやつだったので、安心した。
付け合せのサラダは、ニンジンのサラダと豆のサラダをチョイスした。
またもや量がかなり多かったけど、
おいしかったし、野菜だったのでサラダは残さず食べれた。
サンドイッチが約5ポンド、サラダ2ポンド、紅茶2ポンドで、
9ポンドでごちそうが食べれた。
紅茶は種類が多くて、ラプサンスーチョンを飲んだ。
ここもポットでたったの2ポンド!

VAランチ
※クリスマスサンドとサラダ。
おいしかった!

VAカフェ
※満席で私は座れなかったけど、
こんな素敵なところでご飯が食べれる。

色々な部屋があったけど、
その中のキラキラの部屋でモデルさんが撮影をしていた。
歩けない位高いヒールの靴に、
昔のバービー人形みたいなワンピースの水着を着て、
ポーズをとっているモデルさんは、本当に素敵だった。
勿論、カメラマンは床に寝転んで、
下からモデルさんを激写していた。

また歩き疲れて、カフェでオレンジジュースを飲んでいたら、
日本人の女の子に話しかけられた。
すごく嬉しかった。
ハンガリーに留学中で、ロンドンの友達に会いにきたらしい。
地下鉄の駅まで一緒に行ってそのまま別れたけど、
メアドも何も交換しなかったことを、すごく後悔した。
日本語で話せて浮かれすぎて、
その時はそんなこと思いつかなかった…

ディナーは、ガイドブックに載っていた有名な店で
フィッシュアンドチップスを食べた。
パブで食べたのもおいしかったけど、
ここのもおいしかった。
魚がほっこりしていて瑞々しくておいしかった。
ポテトは例によって馬並み。
水とあわせて11ポンド。

フィッシュアンドチップス
※魚が小さく見えるけど、イモが多すぎるから小さく見えるだけ。

テイクアウェイと席で食べるのは、値段が違うんだけど、
明らかにオネエの人がテイクアウェイで買ったのを
外の席で食べてて、何度も注意されていたのが面白かった。
オネエの仕草は万国共通なんだなと思った。
しゃべり方も英語がわからなくても、
オネエのしゃべり方ってわかると思う。

この夜は、パレスシアターで、ミュージカル「プリシラ」を観た。
映画のファンだし、歌も華やかだからきっと楽しめると思って、
日本から予約していたのだ。

プリシラ
※パレスシアター。キラキラでとってもキレイだった。

本当にゲイのミュージカルって感じで、
隣の席も前の席もゲイカップルだし、
ゲイネタが満載だった。
かなり下ネタも多かったけど、
みんなわかってきているから、ドン引きしている人とかはいなくて、
ほとんどの人が大笑いしていた。
衣装もとっても素敵だったし、
筋肉の美しいダンサーもたくさん出てきた。
お尻が見える衣装もあって(男性の)、ゲイでなくても目の保養になった。

最後はホットショットが大音量で流れて、
観客も総立ちになって最高に楽しいフィナーレ。
前のカップルなんて、感極まってキスしていた。
おっさんとデブのカップルだったけど…

すっごく楽しいミュージカルだったけど、
細かい台詞のギャグがたくさんあって、
よくわからないのもたくさんあったので、
英語がもっとちゃんとわかれば…と思った。
スポンサーサイト
テーマ:イギリス旅行 - ジャンル:旅行
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miirachoco.blog72.fc2.com/tb.php/41-ca5276c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。