ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語が全然できないのに、
無謀にも一人でロンドンに旅行中です!
今日で7日目。
一応、日記だけつけていたので、
初日から振り返ってアップします。
ネットが遅いので、画像はあとから追加することになりそう…
→写真追加しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

飛行機に12時間も乗った。まじで長かった!
私の乗ったバージンアトランティックは
エンタメを売りにしてるだけあって、
映画メニューがすごく充実していた。

日本未公開の映画が、日本語で観れる。
「ハングオーバー」もあった!
ボラッドの人の次の映画「ブルーノ」は
残念ながら英語しかなかった。

「カールじいさんの空飛ぶ家」も既にあった。
本当はあんな小さい画面で見たくなかったけど
あまりにもヒマで誘惑に負けて見てしまった。
そして、最初からボロボロ泣いてしまった。
すっごくいい映画!
頑固な老人と元気な子供の組み合わせは
お約束のド定番すぎる設定なのに、
結末も予想のつくハッピーエンドなのに、
素直に心から人生は素晴らしいって思える魔法のような映画。

他には「パブリックエネミーズ」と
「紀元1年が、こんなんだったら!?」と
「ドラゴンボール エボリューション」をちょっとだけ見た。

「ドラゴンボール」は確かに面白くなくて、
途中で見るのをやめてしまったけど、
想像よりはひどくなかった。
原作と比較するから、仰天するのであって、
もっとひどい映画はいっぱいあると思う。

食事は4種類から選べた。
でも食事と食事の間隔が長くて、
2回目の食事の前にはすっかり腹ペコ。
ちなみに、2回目の食事はたぶん軽食で、
選べるのは2種類だった。

機内食
※1回目の機内食。

飛行機から降りるときに、
前の座席にいた女性に、吉祥寺のバスから一緒でしたね、
と声をかけられた。
すごい偶然!
彼女も一人旅だったので一緒に地下鉄に乗った。
心細さがなくなって、本当に良かった。

目的地は当然彼女とは違うので、
途中で別れて、一人でB&Bを目指す。
道の自信がなかったので、黒人の駅の係員に道を聞いたら
「タクシーに乗れ」と言われ、
コンビニみたいな店で中東系の店員に道を聞いたけど、
知らないと言われ、
道はなんだかスラム街とは言わないけど寂れてるし、
本当に不安だった。
またコンビニがあったので(また中東系)
また道を聞いたら、すぐ近くだったので、
ようやくわかる、と言われた。

(ここまでいちいち人種を書いているけれど、
本当に黒人と中東系とインド人が多い!)

ようやく宿にたどり着いて、マダムにご挨拶。
マダムのバーバラは明るくて、いい人ぽかったけど、
英語が全く聞き取れない&通じない!
ほとんど会話にならなかったと思う。

実は、イミグレーションでも、
パリとかにも行く予定か聞かれた時、
「ロンドン、オンリー」って言おうとして、
思いっきり「オンドン!」と言ってしまっていたのだった…
元々英語はできないのに、更にできなくなってる感じがする…

そして、日本人はお湯を使いすぎるから、
シャワーは8分までと言われたり、
挙句に部屋もちょう寒くて、
しかもドライヤーが見当たらなくて、
でももうマダムは寝たっぽいから聞けなくて、
我慢して髪がぬれたまま寝て、寒くて寒くて、
カイロを体に三つもつけても寒くて
30分おきにトイレに行きたくなって、眠れなくて、
この夜は、本当につらい夜だった。

バターシー部屋1
※私が泊まった部屋。
ラブリーな部屋でした。

バターシー部屋2
※ベッドの反対側はこんな感じ。
スポンサーサイト
テーマ:イギリス旅行 - ジャンル:旅行
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miirachoco.blog72.fc2.com/tb.php/34-717e99b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。