ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
inglourious_basterds_ブラピ
※こんなシーンはありませんが、かっこいいポスター。

待ち遠しかったクエンティン・タランティーノの新作
「イングロリアス・バスターズ」を観てきました。

感想は…ランダ大佐すげえ!!
というか、ランダ大佐に全部持ってかれた感じで、
ブラッド・ピットも良かったけど、
ランダ大佐の前ではかすんで見えてしまっていました。

ランダ大佐は、これでカンヌの最優秀男優賞をとったそうですが、
納得です。
すごい語学力と知性、それとうらはらの奇人ぽさがにじみ出ていて、
本当に素晴らしかったと思います。


【以下ネタバレがあります】

残念なのは、今までのタランティーノの映画では
本筋に関係のないおしゃべりがやたらと長いこと、
に代表されるようなバランスの悪さが、
同時にチャームポイントでもあったのが、
今回はあまりいい感じに機能しなかったような…

正直、バスターズのメンバー紹介がなさすぎて、
最後の燃えさかる劇場の中で、
バスターズがヒトラーを撃ち殺すシーンとかは
ぐっと胸にせまるものがあるはずの場面なのに
あんまり物語に入り込めなかったりしたところが
私にとっては不満でした。

「ユダヤの熊」こと、イーライ・ロスもすごく良かったのに、
彼の前日譚はカットされたそうで、
それがあれば、ナチをバットで撲殺するシーンも
もっと深いシーンになったのに…と思います。
逆にブラッド・ピットは、あまり説明しなくても、
その方が何者がわからなくてかっこよかったので、
いい効果になっていました。

それと、ショシャナとバスターズがからんで、
物語が一つになるものだとばかり思っていたのに、
からみ一切なしだったのも、
ちょっと肩透かしでした。
映画への期待が大きすぎたのかな…?

日本人とは、自国史観も国民性も違うのも、
物語に入り込めなかった原因かもしれません。
特にユダヤ人にとっては、バスターズの紹介なんてなくても、
最後のシーンは、よくぞやってくれた!と思うのかもしれません。
本来、映画の中でさせるはずの感情移入が
映画を観る前から完了していて、必要がなかったのかも?

日本人は原爆は落とされたものの、
パールハーバーやら捕虜の虐待やらやらかして、
かなりのヒールだったはずですが、
ドイツ人程には反省してないような感じだし、
広島・長崎の件にしても、
原爆落としたやつをギッタンギッタンにやっつける映画を観て
みんなが喜ぶかといったら微妙です。

確か、戦争映画として宣伝されていたと思うけど、
戦場でドンパチなシーンは全くなかったので、
戦争映画ってゆうよりは、
ナチに対する復讐映画なんじゃないかと思いました。

ですが、
居酒屋でナチ親衛隊に正体がばれるかばれないか、のシーンや
農夫の家でランダ大佐がユダヤ人を匿っていないか探りを入れるシーンの
異常な緊迫感はやっぱりすごかったし、
第1幕のショシャナが農夫の家から脱出するシーンや
最後にショシャナが非業の死をとげるシーンは美しかったし、
ブラピたちががイタリア人のふりをしているシーンは笑えたし、
奇妙な銃をつかいこなして任務を遂行するイーライ・ロスともう一人は
その直前がまぬけだっただけに、かっこよかったし、
良かったところもたくさんありました。

あと、ナチ映画のプレミア上映の時の
ダイアン・クルーガーのベルサーチ(たぶん)のドレス姿は
本当にあでやかできれいだな~って思いました。

↓このドレス姿です。すごくキレイだった。
inglourious_basterds_ダイアン
スポンサーサイト
テーマ:戦争映画 - ジャンル:映画
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miirachoco.blog72.fc2.com/tb.php/32-54bcc6c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。