ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今のところ、日本で劇場公開される予定がないそうですが、
したコメ前夜祭の「復活!映画秘宝ナイト」で観てきました!

The Hangover


【内容紹介】
花婿になる友人の独身最後を祝うためにラスヴェガスに集まった3人の男たち。
高級ホテルを1晩だけ借りてハメを外しバカ騒ぎ。
超弩級の二日酔いで目覚めると、3人とも昨夜の記憶が全くない!
それどころか花婿は消え、その代わりに部屋にいるのは
虎や、マイク・タイソン、さらには赤ん坊!!
一体何が起きたのかわからぬまま花婿を探し始めるが、
次々といろんなやつらから襲われるハメに…。
一体、記憶が無くなった空白の時間に何があったのか?
そして花婿はどこに!?
(したコメHPより)

いやいや、まー、もー、
ストーリーがダレることなく、
全部の謎を回収しながら、
ラストに向かって、一気にたたみかけていきます。
勿論、ちょう笑えるし、ハッピーエンドで、
観た後はまさに気分爽快、大満足です。

ここまで、素で笑えて、サービス精神があって、
且つ突っ込みどころや矛盾点のない映画は、
本当になかなかないのでは?
どうして劇場公開予定がないのか本当に謎。
(劇場公開のための署名運動をするみたいですが。)

確かにイケメンは出ないし、
(でもマイク・タイソンが出る!)
感動ぽい雰囲気のラブストーリーでもないので、
今の日本だとあまり需要がないのでしょうか…?
バチェラーパーティの習慣も日本には馴染みがないから
敬遠されると予想されたとか?
あんなに面白かったのに、本当に残念です。

劇場公開するために署名運動が起こって
結果ヒットした「ホットファズ」よりも間口が広いので、
もっと動員が見込めると思うのですが…
それは素人の考えなのでしょうか?

DVDで観ても楽しめる内容だと思いますが、
劇場でおおぜいの見ず知らずの人たちと
一緒になって笑うと、より満足感が高まるので、
劇場で観るのが一番楽しいんですけどね…

「寝取られ男のラブバカンス」と「無ケーカクの命中男」
というひどい邦題2本立てを観に行った時も、
劇場で観れて良かったと思いました。


ちなみに、「復活!映画秘宝ナイト」は、
すかんぴんウォーク、テコンVの上映や、
デスカッパの制作会見(?)、
井口昇監督のふんどしショー、など、
面白いものがたくさん観れました。

特に井口昇監督は、すごくファンタジックな体型で、
なんだか釘付けになってしまいました。
かわいい女優さんに、針でお尻を刺されたりしてて、
結構、痛そうでしたが、
なんとなく観客の男子の眼差しには羨望の色があったような…

井口昇監督の映画は観たい観たいと思いながら、
まだ一本も観たことがないので、
ロボ・ゲイシャは絶対に観ようと思いました。
スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miirachoco.blog72.fc2.com/tb.php/23-35b4f056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。