ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンウィークを利用して(ちょっと前倒し?)心の友Aちゃんと12日間のロシア旅行へ。

二人ともロシアは初めて!
しかもロシアのことそんなに知らない。
バレエやフィギュアスケートの華麗なイメージや、
チェブラーシカやミーシャみたいな懐かしくてかわいい童話的なイメージ、
逆に社会主義時代の殺風景なイメージ、
あと、なんといってもロッキーの科学的トレーニングのイワン・ドラゴの科学的なイメージ!

行く前はそんなぼんやりとしたイメージしかなかったし
旅行に行ったくらいでは何もわからないって笑われそうだけど
ロシアの奥深さと強面な人懐っこさに魅了されたことは間違いない。
本当に行けて良かった。



4/24、成田空港10:45発のJALの直行便でまずはモスクワに行った。
飛行機はすごく空いてて一人で一列使えたもんで座席の狭さも感じなかったし、
CAさんがすごくきめ細かい接客をしてくれて、すごく快適だった!
しかも映画が意外にも充実していて、今劇場でかかってる最新の映画や日本未公開作までみることができた。
JAL、がんばってる!

モスクワのドモジェドヴォ空港には15時頃到着。
ロシアは身長が高い人が多いせいか、到着早々威圧感があって、なんだかドキドキ。

ドモジェドヴォ空港からは高速鉄道のアエロエクスプレスで市内のパヴェレツ駅に行くことができる。
(切符は空港内の自動販売機で買えた。)
アエロエクスプレスの乗り場は吹きっさらしの祖末なホームで
本当にここでいいの?と心配になった。
電車の席は自由席で、車内販売のワゴンも何度か通った。
パヴェレツ駅に着くとタクシーの客引きがたくさんいて(しかもみんなロシアンマフィアに見えて)ドキドキしたけど
しつこい人は全くいなかった。

パヴェレツ駅

※パヴェレツ駅。赤いのが私たちが乗ったアエロエクスプレス。


この駅に限らず出入り口にはいちいち空港の保安検査みたいなゲートがあってものものしいけど
ブーと音が鳴っても呼び止められず毎度そのまま通れた。

この日泊まったスイソテルはパヴェレツ駅から歩けるので
空港からのアクセスはすごく良かった。
部屋もバスルームも広くておおむね満足だし
レセプションやコンシェルジュも感じは悪くなかった。
赤の広場へは地下鉄を使わないといけないので
観光に便利な場所ではないけど…

スイソテル部屋

※暗くなっちゃったけど私たちが泊まった部屋。

スイソテル眺望

※部屋からの眺望。見晴らしはいいけど、特に面白いものは何も見えなかった。


この日はあまり時間もなかったので、
赤の広場の横のグム百貨店で先に買い物をしてしまおうということになった。
しかも、タクシーはメーター制でなく交渉制で面倒そう&カモられそうで
地下鉄で赤の広場まで行くことに。

自動券売機で回数券を買いたかったけど使い方がよくわからなくて
英語ができるAちゃんが窓口で英語で話しかけても無表情のまま横に首を一回振っておしまい。
後ろに並んでるおばさんに順番抜かしをされながら(無表情で抜かしていった…)
大騒ぎして指を5本出して5回券が欲しいことをアピールしてやっと回数券を手に入れて
エスカレーター(かなりスピードが速い)でホームに降りたら、駅名の英字表記は皆無…
一体どの電車に乗ればいいのか全然わからない…

ああ、私はロシアという遠い遠い外国に来たのだ…
てゆうかなんかソビエトって呼びたい…と、
無表情の洗礼にへこたれそうになりながらも感動した。

結局、その辺にいた怖くなさそうなお兄さん(て言っても年下)に
地下鉄の路線図の行きたい駅を指差しながら泣きついて、
どのホームから乗ればいいか教えてもらった。
お兄さんは自分の電車を逃してまで私たちに教えてくれて(ロシア語だけど)
本当に親切だった。
この当たり前みたいな顔した親切もロシアの洗礼。


大変な思いをして行ったものの、結局、グム百貨店では何も買わず、
夕食をグム百貨店内のセルフサービスの店で食べた。
ここもロシア語オンリーって感じだったけど
食べたいものを指差すだけだし色々食べても安いし
私は気に入った。

グム百貨店

※グム百貨店の赤の広場側は、戦勝記念日の式典の準備で足場が組まれてた。


セルフサービスの店1

※セルフサービスの店で食べたもの。
クランベリージュースにビーツのサラダ、ブリヌイ、ブロッコリーのスープ。

セルフサービスの店2

※こっちはAちゃんが食べたもの。
キノコのグラタンみたいなやつ、キノコのサラダ、ミートボール、何かのスープ。
二人で2000円いってないと思う。


スポンサーサイト
テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miirachoco.blog72.fc2.com/tb.php/168-86e681c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。