ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・・・夜中にお腹が痛くて目が覚めた。
そのままトイレに何時間いたのだろう。
お腹が痛すぎて脂汗びっしょりになって
だんだん吐きそうな感じにもなってすごくつらかった。

私、台北でも屋台のパクチー入りアイスを食べて
夜中に下痢してひどい目にあったけど
今回は一体なんだったんだろう??

軽い朝ごはんのあともまだ少しぐったりしてて
動けなくてまた寝てしまった。
その間Aちゃんはお皿を洗ったり
共同ランドリーの洗濯物の様子を見に行ったりしてくれてて
本当にありがたかった。
(後でAちゃんと一緒に出来上がりを見に行ったら
私の使った洗濯機は調子が悪かったのか
脱水が全然できてなかった。
乾燥機もあまり良くなくて
靴下なんて赤ちゃんの靴下みたく小さくなっちゃった。
日本の家電が優秀って言われる理由がよくわかったよ…)

ケフィアです
※朝ごはん。
ヨーグルト?いいえ、ケフィアです。
右は甘いりんご果汁入りのドリンク。

少し調子が良くなってきたので
ホテルの近所をウロウロした。

近所にはスーパーやドラッグストアや
庶民的なエリアだった。
スーパーでビールをチェックしたりして散策してから
ださいカフェでメランジェを飲んだ。

そのカフェには奥にスロットがあって
おじさんがはりついてて
場末みたいなウエイトレスがいて
テレビでサッカーやってておじさんがビール飲みながら見てた。

少し調子が良くなってきたので
シュテファンプラッツに出かけて
スワロフスキーでお買い物。
かわいいブレスレットとトンボのペンダントを買った。
二つ買って1万円ちょっとだったからすごくお得だった。

これ買った。
はやく使いたいな。


そして、モーツァルトやベートーベンもここで演奏をしたことがあるという
歴史的なカフェ・フラウエンフーバーで夕食。

フラウエンフーバー
※あまりいい写真が撮れなかったけど
落ち着く雰囲気だった。

ワインをソーダ水で割った飲み物を飲んで
(最初、なんだこの薄い飲み物は!と思ったけど
さっぱりしてて飲んでるうちに好きになった。)
またシュニッツェルを食べた。
ここのシュニッツェルがすごくおいしかった。
Aちゃんの食べてたステーキもおいしかった。

フラウエンフーバーのシュニッツェル
※やっぱりでかい。ここも豚肉だった。

ここのカフェの給仕さんがにこやかで、感じがとても良かった。
店内の写真を撮っていたら
給仕さんが私とAちゃんの写真を撮ってくれたり
私がウィーンで行ったカフェの中では一番親切だったと思う。
(若い給仕さんはワキガだったけど…でもイイ奴!)

食べ物もおいしくて、店内の雰囲気も良くて、居心地が良くて
食後にはアップルパイと
フィアカーというホイップとお酒の入ったコーヒーを飲んで
すごくくつろいで楽しい気持ちだった。

10ユーロくらいしかお金を持ってなかったので
カードで支払いを済ませようとしたら、現金でって言われてしまって
両替をするために慌てて外に飛び出すAちゃん…

最初はのんびり構えていた私も
Aちゃんが飛び出してから20分経ち…30分経ち…だんだん不安になってきた。
よっぽど私が心細い顔をしていたのか
給仕さんもやさしく声を掛けてくれて励ましてくれて
40分以上経ってやっとAちゃんが戻ってきた。

結局、両替所は全部閉まってて
ホテルでも両替を断られて(ドルならできるところもあったらしい)
リンクの中を走り回ってくれたらしい。

きちんと謝って、パスポートNOを控えてもらって
明日お金を払いに来るってことで許してもらおうと思ったら
VISAカードがあればそれで支払えることになった。
(カードが使える下限の金額が決まっていたのかもしれない。)
そんな中でも給仕さんはにこやかだったし
最後はなぜか握手して店を出た。

誰かウィーンに行く人がいたら
フラウエンフーバーをオススメしようと思ったよ。

※ちなみに銀行のATMからクレジットカードで現金を引き出せて
それは夜も使えるのでウィーンに行く人は安心してほしい。
(Aちゃんは暗証番号を忘れてしまったので
それが使えなかったんだ…かわいそうに…)
スポンサーサイト
テーマ:ヨーロッパ旅行 - ジャンル:旅行
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miirachoco.blog72.fc2.com/tb.php/156-4fb866fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。