ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界侵略


新宿ピカデリーで鑑賞。
貯めたポイントをようやく使ってタダで観れた。
バルト9もポイント貯まるようになればいいのにな。

席は8割くらい埋まってて
休日だったせいかカップルが多かった。


ストーリーは…
突然、世界中に隕石が落ちてきたと思ったら
実はそれは宇宙からの侵略者だったので
海兵隊を退役しようとしていたナンツ曹長も駆り出されることに。
空爆が始まるまでに
警察署に取り残された民間人を救助する任務を与えられたが
敵の戦力は予想以上に圧倒的なものだった…
というお話。

ド派手な映画を想像していたら
確かに派手なシーンもあったものの
密着、海兵隊24時みたいな堅実な感じに
海兵隊ナルシズムをまぶしたような映画だった。

観終わった後は献身的で勇敢な海兵隊のみんなに任せておけば安心!
って気持ちになっているはず。

昔、横須賀の米軍基地の中のクラブに行った時には
みんなもっとバカみたいに見えたけど
きっとあいつらはまだナンツ曹長みたいな真のリーダーにめぐり合えていないのかもしれない…

全編を通してちょうマジメで
エイリアンの急所を探して解剖しちゃうところとか
「フィースト2」のことを思い出して笑いそうになってたけど
勿論あんな無意味で下品なギャグはなくて
ちょっと寂しい気持ちになった…

ちょうマジメなわりに、それまで夜だったのに
地下から出たら急に昼間になってたところとかが
あれ?そんなに時間経ってないよね?もしかしてミスった?
と気になってしまった。

気になったといえば、
主役のスーパー軍曹のアーロン・エッカートのあごが割れすぎ!
途中からあごばっかり見ちゃって
あんなに埃をかぶったらあの割れ目にゴミがたまるのではないか?
どうやってあの割れ目を掃除しているのか?
ヒゲはあの割れ目の中には生えていないのか?
光の具合によっては穴に見える、などなどの思いで頭がいっぱいになった。

ミシェル・ロドリゲスは相変わらずかっこよかった。
この人がいると負ける気がしない。
エイリアンに銃口をくっつけて反撃するところとか燃えた。

ミッシェル・ロドリゲスさん
かっこいい。この目つき!
スポンサーサイト
テーマ:SF映画 - ジャンル:映画
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miirachoco.blog72.fc2.com/tb.php/146-2ba7908b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。