ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラックスワン

新宿ピカデリーでレディースデーに行ってきた。

いつもはいくらレディースデーでも3割くらいは男性がいるものだけど
今回は全く違った・・・
300席くらいの座席は満席で、その内男性は私が確認した限り4人だけ。
こんなことは初めてだ!
女子大ってこんな感じなのかな??
映画が終わって明るくなった瞬間のかしましさったら
みんな映画のトーンとは無関係に明るくて、楽しくなってしまった。

手持ちカメラの映像でぐらぐらして
車酔いみたくなってしまったのはおいておいて・・・
(私がぐらぐらに弱いだけだけど。周りの人たちは平気そうだったし。)
ナタリー・ポートマンはほんとにがんばった!

バレエにオナニー、レズ、人殺し、クンニ、ゲロ・・・
これだけやったら主演女優賞あげるしかないでしょう。
ガリガリに痩せて、神経質そうに隠れて爪をかむ姿はニナそのもので
舞台のシーンは凄みがあってとても美しかった。



まじめで内気なバレリーナのニナは
所属のバレエ団のソリスト集団にはいるものの
主役に選ばれたことは一度もなかった。
次の公演の「白鳥の湖」ではどうしても主役をやりたくて
監督に頼み込んで主役に抜擢してもらったものの
元バレリーナの厳格な母親と二人三脚で練習に明け暮れてきた
まじめ一本槍のニナにはどうしても黒鳥の踊りがうまくできない。
しかもセクシーで奔放で黒鳥のイメージにぴったりの同僚ダンサーに
役を取られるような気がして、ニナのストレスはマックスに・・・!
というストーリー。


ニナがちょっと繊細すぎて色んなこと気にしすぎで子供っぽすぎで不安定すぎで
全く共感はできないんだけど
ニナがストイックに努力してる(しかもあのお母さんと)のはよくわかるから
まるでニナの姉みたいな気持ち、というか
姉になって色々アドバイスしてあげたい気持ちでみてた。

ニナがどんどん追い詰められていく様子は
怖いというより痛々しくて
終盤は「しっかり~!がんばって~~!」って応援してるだけだった。

あ、でもウィノナ・ライダーの病室のシーンはすごく怖かった。
変わり果てた風貌も怖くて、
登場シーンは多くはないけどとても印象に残った。
ちょっとウィノナ自身が投影されているような役柄だったし。

ニナのお母さんも恐ろしかった。
他に何に出てるんだろう、と思って検索したら
私生活ではデビッド・キャラダインの子供産んだりしてる人だった。
なんかすごい人なんだな・・・

ライバルのミラ・クニスという女優さんはきれいだなあと思って
これまた検索したら
「寝取られ男のラブ♂バカンス」(この邦題恥ずかしい)の人だった!
あの時もきれいな人だなあって思ってたんだった。
深夜にあんなチーズバーガー食べてあの体型なんだから
ニナじゃなくても嫉妬するよ。

監督役のヴァンサン・カッセルは目が飛び出して、完全に顔がカマキリだった。
男は女を振り回してるようで
それぞれの情念に突き動かされてる女たちに比べると
(ミラ・クニスはよくわからなかったけど)
その存在は小者っぽく感じた。

あの結末を大願成就とみた女性が多かったから
映画のあとの館内が明るくさっぱりした空気だったのかもしれないな。
スポンサーサイト
テーマ:サスペンス・ミステリー - ジャンル:映画
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miirachoco.blog72.fc2.com/tb.php/128-e3feee3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。