ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
塔の上のラプンツェル

新宿ピカデリーの夕方の回に行ってきた。
さすがディズニー、地震の影響なんて微塵もなくて満席!
時間帯のせいか家族連れは少なくて
カップルや女の子同士のお客さんばっかり。

3Dの吹き替えだったけど
例によって3Dでなくても良かったような…
吹き替えなのもちょっと心配だったんだけど
しょこたんはちょう上手だった!
あんたラプンツェルそのものだったよ!

ストーリーは…
深い森に囲まれた高い塔の上から
18年間一度も外に出たことがないラプンツェルは、
母親以外の人間に会ったこともなかった。
ある日、お尋ね者の大泥棒フリンが、
追手を逃れて塔に侵入してくるが、
ラプンツェルの魔法の髪に捕らえられてしまう。
しかし、この偶然の出会いはラプンツェルの秘密を
解き明かす冒険の始まりのきっかけとなり……。
(シネマトゥディより)

ラプンツェルとフリンが二人でゴンドラに乗って
無数の明かりが空に浮かんでいるのを見るシーンは
本当に夢みたいにきれいでロマンチックだった。

それと脇役の馬やカメレオンや酒場の荒くれ者たちのキャラクターが
愉快でかわいくて、動きもディズニーらしくて
とても楽しかった。

ただ…私は「プリンセスと魔法のキス」を観てしまっている。
観てなければ大満足してたかもしれないけど
「プリンセスと魔法のキス」みたく夢中にはなれなかった。

やっぱりストーリーが物足りなかったかな?
主人公の生い立ちや能力は映画の冒頭で示されるから
そのミステリーもないし
主人公が恋に落ちる過程も少し弱いように思った。

確かに「プリンセスと魔法のキス」もあっさり恋をしてしまうけど
観てる間はそんなこと気にならなかった。

そういえば、嘘のお母さんはどうやってあの塔を建てたんだろう?とか
最後なんで顔見ただけで本当のプリンセスってわかったんだろう?とか
ちょっと突っ込みながら観てたから
やっぱりそこまで入り込んでなかったのかな…

スポンサーサイト
テーマ:ディズニー映画 - ジャンル:映画
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miirachoco.blog72.fc2.com/tb.php/121-216b36b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。