ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グリーンホーネット1

新宿ピカデリーで鑑賞。
公開してから割とたつのに席が半分以上は埋まってた。
しかも50歳以上の感じの人もちらほらいて意外だった。
どんなお客さんが観に来てるのかを見ることも
映画館に行く楽しみの一つなんだけど
今回は上映中に膿が腐ったようなにおいが漂ってきて閉口した。
(ワキガとかならまだしも…)


【あらすじ】
ロサンゼルス。
幼少期に母を亡くし、新聞社の創業者である父に厳格に育てられるも、
その反動で放蕩息子に成長したブリット。
彼はある日、父が蜂に刺され急死するという悲劇に直面してしまう。
そして、突然社長の座に就いたブリットは、
父の運転手カトーから驚愕の事実を知らされる。
実は天才発明家であるカトーは、
父と秘密裏に数々のハイテクマシンを発明していたのだった。
父の遺志を継いで正義に目覚めたブリットは街に蔓延る悪党の一掃を決意し、
グリーンのスーツとマスクに身を包んだ自分たちを
“グリーン・ホーネット”(緑の蜂)と命名する。
また、悪人を装った方が標的に近づきやすいと考えたブリットは、
彼の新聞社の記事でグリーン・ホーネットを
新たなワルとして世間に知らしめるのだった。
ハイテク満載の愛車“ブラック・ビューティー”を駆って夜の街に繰り出し、
悪党たちを次々と蹴散らしていくブリットとカトーだが…。
(allcinemaより)

予算の大半をそれにつぎ込んだんじゃないかって位
景気よく車が壊れて、建物が爆発して面白かった。

でも、3Dじゃなくてもいいでしょ、これ!
別に派手に爆発が飛び出したりしなかったし。
3Dメガネは苦手だから、2Dで済む映画は2Dにしてほしい。
値段も高くなっちゃうし。

カトー役のジェイ・チョウがほんとにキュートでかっこよかった。
あんなに強くてなんでもできるのに
子供みたいな顔しちゃってるギャップも素敵。
でも…今オフィシャルファンクラブのページをチェックしたら
とんでもない服着てポーズとってやがった。
また、まぼろしを愛しちゃったらしい…

グリーンホーネット2
でも映画の中ではかっこよかったの…

そしてジェイ・チョウのアクションがもっとみたかった。
特に最後の暗闇の中のジェイ・チョウのアクションは
もっとわかりやすくドラマチックにしてほしかった。

キャメロン・ディアスもテンポが良くて素敵だった。
クリストフ・ヴァルツは、ちょっと無駄遣い。
イングロリアス・バスターズを観てしまった人にとっては
もっと複雑な役の方がクリストフ・ヴァルツが引き立つように感じてしまうかも。
セス・ローゲンはいつも通りのダメ人間。安定感ある。

セス・ローゲンとジェイ・チョウが
車で初めて繰り出す時にクーリオの曲でノリノリになるところは
こっちもわくわくして楽しいシーンだった。
キック・アスにも同じようなシーンがあってあれも楽しかった。
スポンサーサイト
テーマ:アクション映画 - ジャンル:映画
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miirachoco.blog72.fc2.com/tb.php/117-87888876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。