ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガフール

バルト9で夕方の回に鑑賞。
あまり人気がなさそう…と思っていたけど
家族で来ている人が多くて小学生がたくさんいた。
若いカップルも少しいて
7割位は席が埋まっていたもよう。

フクロウ同士がしゃべる映画ということで
きっと「銀牙伝説ウィード」(※)のような
熱い漢たちの物語なのであろう…と
胸をときめかせて観に行った。

【ストーリー】
父の語る“ガフールの勇者たち”の伝説に
夢中になる正義感の強い若きフクロウ、ソーレン。
ある日彼は、兄と共に謎の一味にさらわれてしまう。
それは“純血団”という、自分たちメンフクロウこそ最も優れた種族と信じ、
王国の支配を目論んでいる排他的な悪の集団。
ガフールの勇者たちは、この一味の陰謀を阻止すべく
長年に渡って戦い続けていたのだった。
親友のジルフィーと共に何とか純血団のもとを脱走したソーレンは、
王国の危機を知らせるため、
ガフールの勇者たちが住んでいるとされる神木を目指すのだが…。
(allcinemaより)

ストーリーはサクサク進む感じで
伝説の勇者が住むという神木なんかも
わりあいあっさり見つかっちゃう。
原作の要素を圧縮した感じがした。
妹の病気ってどんな治療したの?とか
どうゆうしくみで金属は悪さしてるの?とか
両親はお兄さんのこと気にしないでやけに幸せそうだな、とか
気になるところがなくはなかったけど
兄が悪に染まっていくところや
老フクロウが実は…というくだりは面白かった。

そして、すっごく画像が素晴らしかった!!
ちょうかっこいい!
飛ぶところ最高!戦うところ最高!

スローモーションでとてもかっこいい構図のかっこいい絵を見せて
ためてためて、ズバーーンと絵の動くスピードを上げる手法で
(なんて呼ぶのだろうか?この手法は?)
とにかくかっこよかった。

本当にジョジョの擬音みたく
「ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」
って文字が後ろに書いてあるんじゃないか?と思うような
大迫力、且つエモーショナルな飛行シーンは
鳥肌が立つ程かっこよかった。

嵐の中の飛行シーンや美しい神木のシーンなどは
3Dで観て良かったと思う。

あと、お友達になる小さいフクロウがかわいかった。
主人公はちょっと変な顔。
(どうでもいいけど主人公の名前のソーレンって
ヤーレンソーレン北海道を思い出す。)

吹き替えしかやってないところが多くて
嫌々吹き替えで観たけど
期待値が異常に低かったせいか
あまり気にならなかった。
むしろ劇場で永井一郎の声が聞けて幸せだった。

隣の席にいた小学生の男の子も上映後に
「すっごく面白かった!」とお父さんに話してて
ほほえましかった。


※銀牙伝説ウィード
公式ホームページ
かっこいい壁紙を手に入れることができます。



かっこいいオープニングテーマ曲。
当時、暗記する程聞きまくって歌いまくっていた。
スポンサーサイト
テーマ:アニメ - ジャンル:映画
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miirachoco.blog72.fc2.com/tb.php/101-af483d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。