ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またフェリーに乗ってアジア側から旧市街に戻って
今度は新市街に行ってみることに。

夏のイスタンブールは日が長いから
たくさん行動できる。

ガラタ橋のふもとで売ってる名物のサバサンドを食べながら
歩いてガラタ橋を渡る。
日差しが強くて暑かったけど
風も吹いてるし空も晴れててカモメが飛んでて
本当にいい気持ち!

s_サバサンド1

※サバサンド屋台。
ちょっとわかりにくいけど、船の上でサバを焼いてるのだ。
当然すごく揺れてる。
働いてる人ってほんとにスゴイ。

s_サバサンド2

※みんなサバサンド食べてる。
老若男女に大人気。

s_サバサンド3

※サバサンドは薄味なのでマヨネーズとかしょうゆとか持参して
ちょっと足して食べてもおいしいと思う。
生のタマネギが入っててかなり口が臭くなるので
気になる人はブレスケアも必要かも。

s_ガラタ橋1

※ガラタ橋で釣りをしている人がいっぱいいた。
のんびり写真とか撮りながら歩いても10分程度で渡れるので
イスタンブールに来たら一回は歩いて渡ると楽しいと思う。

s_ガラタ橋2

※あまり上手に撮れなかったけど、たくさんカモメが飛んでた。



橋を渡ったところから急な坂や階段を上がってガラタ塔へ。
それまで散々歩いてたし、ガラタ塔まで行くのも結構疲れたので
あの高い塔登るんだ…と若干憂鬱になってたら
塔の上へはエレベーターで登るようになってて嬉しかった。

塔の上はかなり混雑してて思うように動けなかったけど
高台の上にある塔だから想像以上に眺めが良かった。


s_ガラタ塔1

※結構高いことがおわかり頂けるだろうか?

s_ガラタ塔2

※かなり遠くまで見渡せる。

s_ガラタ塔3

※路地からみたガラタ塔。



塔からはトラムに乗ってタクシム広場へ行こうとしていたんだけど
(私が行ったときには抗議デモは収束してたので安全だった。)
ゲイパレードみたいなのをやってて
トラムも動いていないようだったしイスティクラール通りを歩いて行った。

ゲイパレードではマツコデラックスみたいな巨体のカリスマ女装家みたいな人がいて
一緒に写真撮ってくれたり
全然英語も日本語もしゃべれないのにタクシム広場まで送ってくれようとする人がいたり
楽しく自由で平和な雰囲気だった。

s_ゲイパレード1

※パレード出発地点では踊りの輪が出来てたんだけど
写真は間に合わず。

s_ゲイパレード2

※たくさんの人がこの人に話しかけに来てて
この人の発言でみんなが笑っててすごいカリスマぶりだった。



イスティクラール通りはTOPSHOPとか日本にもある店が並んでいて
あまりトルコらしさはないけど
裏通りにはおいしいレストランやカフェがたくさんあるようだった。

いざタクシム広場に着いても
特に何かある訳ではなかったので少し座り込んで
人の顔を眺めては、あいつは将来絶対ハゲる!など失礼な感想を言い合ってから
ホテルに戻った。

s_タクシム広場2

※タクシム広場には特に何もないけど
たくさんの人が座っておしゃべりしてる。
圧倒的に男性が多い。

s_タクシム広場1

※抗議デモが終わってもおまわりさんはたくさん待機してた。
手を振ったら振り返してくれて、写真も撮らせてくれるリラックスぶり。
真ん中の人は逮捕されてる軽犯罪者(食い逃げとか)ではなく、みんなの先輩ぽかった。


サバサンドを食べてしまったせいで
夜になってもお腹がすかなかったので
この日はワインとチーズを買ってホテルの屋上でおしゃべりして過ごした。

s_トルコのワイン

※トルコはぶどうも栽培しててワインの産地らしい。
チーズも色々な種類が売ってたんだけどどれもどでかいので、
仕方なくスーパーで6Pチーズみたいなのを買った。
左の袋は焼き栗。これもウマイ。

s_屋上からの景色

※ホテルの屋上からはブルーモスクも見えて
ほんとに素敵だった。

スポンサーサイト
テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行
この日はアジア側に行ってみた。

たった3TLでフェリーに乗って
たった20分でアジア側のカドゥキョイへ。
想像よりずっと気軽に行けて、ちょっとびっくり。


s_アジア側フェリー1

※旧市街側の乗り場から出発。
エミノニュ駅の近くにいくつかの乗り場が集まってるので
どの乗り場か迷ったら改札のところにいる係の人に聞くとちゃんと教えてもらえる。


s_アジア側フェリー2

※地元っぽい少年も暑そう。


s_アジア側フェリー3

※旧市街のモスクやなんかも見えて、風もきもちいいけど、
観光用のフェリーではないので目的地へまっしぐら。


カドゥキョイももちろん観光地だからレストランとかがたくさんあるけど
旧市街よりも地元っぽい人が多い感じ。

そして物価が安い。
エジプシャンバザールで1キロ20TLだったドライフルーツが
カドゥキョイの市場では16TLで売ってた。
こっちで買えばもっと安くのんびり買い物できたのに…とちょっと後悔。

私は市場でハチミツやオリーブを購入。
暑いのでアイスを食べて一休みしたり、
冷房につられて入るまいと思ってたスタバで冷たいのを飲んだりしながら
ブラブラ歩き回った。


s_アジア側市場1

※果物の種類がたくさんあって、みんな美味しそうだった。
スイカくらいしか食べなかったのを今になって後悔してる。。。

s_アジア側市場2

※魚屋さんもたくさんあった。
そういえば肉屋さんて見なかったかも…?

s_アジア側市場3

※オリーブの種類もいっぱい。
すっごくしょっぱくてすっぱくて、梅干みたいだった。
値段の表記はキロ単位だけど、
200グラムとかでも売ってくれて、ちゃんと真空パックにしてくれた。

s_アジア側市場4

※ドヤ顔ではちみつを容器に移すおじさん。
私はここで栗のはちみつを購入。
真っ黒で苦味があって独特なコクがあって珍味って感じ。
チーズと一緒にクラッカーにのせて食べたら美味しかった。

s_トルコで買ったCD

※CDをジャケ買い。
アラビックなリズムのものがほしかったので
それっぽいのを選んだら大当たり。
左側のCDは歌手の顔がまろやかでやさしそう、という理由で選んだ。
私が入ったCD屋がたまたまそうだっただけかもしれないけど
アメリカとかのポピュラーなミュージシャンのCDがほとんどなかった。
なぜかダフトパンクだけ目立つ場所に陳列されてたけど
ビヨンセとかレディーガガとかブルーノ・マーズとか全然なかった。



お昼ごはんはピデというピザみたいなのが食べたくて
繁盛してるお店に入ってみたら全然英語が通じず、
なんとか身振りでオーダーを伝えたつもりで
店員さんがニヤニヤしてるから大丈夫だと思ってたのに
なんだか全然違う謎の食べ物が出てきた。
ガックシ。

s_アジア側昼食
テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行
イスタンブールには猫が多い。
しかも人に慣れてる。

強面(日本人の顔と比べると)のおじさんが道端で通りかかった猫をなでていたり
魚屋のお兄さん(言うまでもなく強面)がひょいと猫に小魚を投げてあげてたりするのを目撃すると
ちょっと幸せな気持ちになる。

あと、逃げないから触らせてくれるし、写真も撮らせてくれるし、
猫好きの人は嬉しくなっちゃうと思う。



イスタンブール_猫_1

※アジア側の市場にも猫がたくさんいた。


イスタンブール_猫_2

※魚屋さんに小魚をもらって食べていた猫。


イスタンブール_猫_3

※ガラタ塔の入口でお昼寝。
かなり人が多い場所なのにリラックス!


イスタンブール_猫_6

※ガラタ塔から下りてきてもまだのんびりしてた。


イスタンブール_猫_7

※本屋さんで堂々と商品に乗ってる子猫。
長髪のロック兄さんにもナデナデされてた。
おでこに第3の目が!


イスタンブール_猫_4

※地下鉄の駅でお昼寝。
毛が長すぎて暑そうだった~!立派なしっぽ!


イスタンブール_猫_9

※カッコイイバイクに乗ってキリリと遠くをみてた。


イスタンブール_猫_8

※新聞紙の音が面白いのかな?手で押さえて遊んでた。


イスタンブール_猫_5

※番外編。
ガラタ塔の前のカフェの壁の絵にも猫。


イスタンブール_犬

※犬も見かけたけど、みんな日陰で寝てた。
そしてみんなわりと大きかった。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。