ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お昼ごはんを食べて一息ついたあとは
再び旧市街観光三昧。

レストランから徒歩でトプカプ宮殿へ。
ガイドブックにはハレムの入場が15:30までって書いてあったので
ハレム無しのチケットで入場したんだけど
もっと遅い時間にハレムに入っていってる人がいたので
チケット売り場でちゃんと確認したほうがいいかも?

このころには足も棒のようになっていて疲れていたので
あんまり集中して展示物を見れなかった。
しかも展示室が暑かった。

ただビューポイントが何箇所かあって
そこはほんとに景色が良くて風が通ってすごく気持ちよかった。

s_トプカプ宮殿1

※女の子っぽいモザイクの部屋。

s_トプカプ宮殿2

※海が見えて風が通って気持ちよかった。


日没が遅い(大体8時半くらいまで明るい)ので無駄に活動的になって
更に徒歩でエジプシャンバザールへ。

エジプシャンバザールも日本語の呼び込みが激しくて
ぼられる気がして思わず身構えてしまう。

結局スパイスじゃなくてドライフルーツを購入したのだけれど
翌日アジア側へ行ってめちゃくちゃ高い買い物をしたと判りガッカリ。
日程に余裕がある人はスパイスもドライフルーツもオリーブもアジア側で購入すべし。

s_エジプシャンバザール

※エジプシャンバザール自体は狭いけど
スパイスの匂いが充満しててエキゾチック!

s_チーズ屋さんのいい顔

※エジプシャンバザールの外側にもたくさんの商店がある。
これは愛想のいいチーズ屋さん。
トルコの人は顔が濃くて恐ろしげに見えるけど
実はキュートで親切な人が多いと思った。

スポンサーサイト
テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行
朝ごはんは屋上のテラスで食べた。
海が見えて風が吹いてて本当にいい気分。

このホテルは部屋が狭い分、屋上を好きに使えるのが便利だった。
屋上にトイレもあるしタバコも吸えるし
夕方は海とブルーモスクを眺めながら
持ち込んだワインを飲んですっごく楽しかった。

この日は旧市街の名所を一気にまわる計画なので
朝からブルーモスクへ。

ここは入場無料だけど、出口に寄付するところがあるので
余裕がある人は是非寄付するといいと思う。

中に入ると足のニオイに一瞬たじろぐけど
すごーく天井が高くて別世界に連れていかれる。

s_ブルーモスク1

s_ブルーモスク2

s_ブルーモスク3

s_ブルーモスク4

※観光客だけじゃなくてちゃんと祈ってる人もいる。
祈る人と観光客とは入り口も別だけど、日本人はマレーシア人にも見えるっぽいので
ちゃんとスカーフを巻いて長袖を着てれば祈る人用のすいてる入り口から入れるかも?

s_ブルーモスク5

※アヤソフィア側からみたブルーモスク。


次は隣のアヤソフィア。
私はここが一番わぁ~と思った。
天井が高いのは勿論のこと、光の入り方や壁の絵とか…
修復中にも関わらずすごく雰囲気が良かった。

s_アヤソフィア1

その次は地下宮殿。
旧市街は観光地が密集しててすごくまわりやすい。
全て徒歩でOK。

地下宮殿は涼しくて気持ちいいけど、
ここは時間がない人は飛ばしていいかな?

s_地下宮殿

※この柱の奥にメデューサの顔の柱がある。
そこだけめちゃくちゃ混んでる。


ランチは「エキゾチックが素敵 トルコ・イスタンブールへ」というガイドブックに載っていた
ナル ロカンタスというお店へ。
このガイドブックの地図がちょうわかりにくかったんだけど
グランドバザール東側のヌルオスマニエ通りにあるスタバの隣あたりの
1Fが宝石屋のビルの上のほうの階にあった。

内装もすごくモダンで店員も高級店みたいな対応で
ちょっと面食らったけど、すごく美味しいレストランだった。

ワインも飲んで150リラとランチにしては
かなり高い店だったけどオススメ。

ちなみにスープはハーフポーションでオーダーできた。
あとメゼがビュッフェ形式でしかもかなりおいしいので
たくさんとるとメインが食べられなくなるかも?
てゆうかメインなしでメゼだけでもいいかも?

s_ナルロカンタスメゼ

※メゼは前菜という意味らしい。
全部で10種類以上あったと思う。

s_ナルロカンタスメイン

※ラムのメイン。
こんなにシンプルなのに、ラム独特の臭みはまったくナシ!

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行
2013年6月20日~26日までイスタンブールに行ってきた。

イスタンブールは治安もいいし、大体英語も通じるし、物価も安くて、人は親切で、
インフラも整ってて、すごく旅行しやすかった。

街のいたるところから海が見えて、カモメが飛んでて、風が吹いてて、
本当に旅人気分が満喫できる街だった。
ただそこに居ることが気持ちいい街ってなかなかないかも?

時間があまりなかったので、今回は他の地域には行くことができなかったけど、
いつかきっとトルコの他の地域にも行ってみたいと思った。



直行便のあるトルコ航空は高かったので、
一番安いエティハド航空でイスタンブール入り。

エティハド航空のエコノミークラスは席も狭いしトイレも少ないし
特筆すべきサービスは何もなし。
食事はエキゾチックなメニューがあるのが特徴的で、まあまあ美味しかった。

空港からはピックアップサービス(75TL)を利用してホテルへ。

この日利用したホテルはアルビナスホテル。

アルビナスホテル

ホテルの部屋はかなり狭くて、眺望も良くなかったけど、
かわりに屋上のテラスが眺望が良くて好きなように利用できたし、
全体に清潔でスタッフも親切だったので、私はかなり気に入った。

アルビナスホテル屋上

初日はあまり時間がなかったので、とりあえずグランドバザールに行った。

グランドバザールにはたくさんのお店があって、海千山千たちが呼び込みをしてて、
かなり警戒して買い物をしないとぼられる雰囲気。
萎縮して買い物はほとんどできなかったけど
そんな海千山千たちも根は親切なのかも。
ちょっとでも地図を開いて場所を確認してると
どこに行きたいの?って声をかけてくれて道を教えてくれる。

グランドバザール

これはグランドバザールに限ったことではないんだけど…
今まではまず日本人だと思われて日本語で呼び込みされてたのが
中国人(ニーハオ)⇒韓国人(アニョハセヨ)⇒日本人(コンニチワ)の順番になってて
なんだかジャパンマネーの没落を感じた。

長時間のフライトと歩き疲れたこともあって
夕食はホテルの近くのシーフードレストランでとることに。

海の見える素敵なレストランで料金は全部で150TL位。
観光地価格だと思うけど、日本よりはかなり割安。

レストランからの景色


タコの料理

タコの料理。
日本のタコと違ってちょっとブヨブヨした食感だけど
味は美味しかった。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。