ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

looper.jpg


公開初日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞。
王様のブランチとかでも紹介されてたせいか見事に満席。


期待してた面白さとは違ったけど、私は結構面白かった。
でも予想外のラストに劇場じゅうが一瞬ポカ~ンとしたのも肌で感じた。

隣の席の割と映画みてそうな若い男の子二人組のかたわれも
終わった瞬間「え~なんだよこれ~」ってあきれたようなため息をついてたし、
前にいたカップルの男性も「これじゃタイムトリップ映画とは言えない」みたいな不満を口にしてたし、
男の子二人組のもう一人も「まぁ、でも俺は面白かったよ」とは言ってたけど
手放しで褒めてる感じじゃなかった。

映画館に行って映画みて私が面白いと思うのはこうゆうとこ。
あのポカ~ンとした奇妙な空気って、あとからDVDでみても体験できないもの。
あと、周囲の人の会話を盗み聞きして
「私もそう思う!」とか勝手に同意したりするのも楽しい。


なんでみんな肩透かしを食らったように感じたのかというと
たぶん、予告とかの宣伝から想像してた内容の斜め上のストーリーだったからだと思う。

予告やなんかの映画の紹介はたいていこんな感じ。

殺すべき標的が30年後の自分というひねりの利いた設定と
巧みな脚本が各方面から絶賛されたSFアクション。
(中略)
2074年の世界ではタイムマシンが開発されていたが、その使用は法律で固く禁じられていた。
しかし、犯罪組織は(中略)タイムマシンで標的を30年前に送り、
待ち構えている処刑人“ルーパー”に殺害を実行させていた。
2044年、ルーパーとして30年後の未来から送られてくる標的の殺害を請け負っていた男ジョー。
ある時、そんなジョーの前に標的として現われたのは、なんと30年後の自分だった。
一瞬の隙が生まれ、未来の自分に逃げられてしまう現代のジョー。
ルーパーは処刑を失敗すれば、即座に犯罪組織に消されてしまう運命だった。
現代のジョーは、処刑を完遂すべく、すぐさま未来の自分の追跡を開始するのだが…。
(allcinemaより引用)

これだと、主人公がどんなとんちを使ってピンチを切り抜けるのか?
ってところがキモの映画に思えるけど、実際はそこが全然違う。


【以下ネタバレあり】

続きを読む
スポンサーサイト
テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。