ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猿の惑星創世記

TOHOシネマズ渋谷でレディースデーに鑑賞。
9割以上、座席が埋まってて
レディースデーの割に男性も多かった。

「猿の惑星」シリーズは第一作しかちゃんと観てないけど
前日譚らしいから特に予習はしなかった。
結果、全く問題なかったし
たぶん、「猿の惑星」シリーズをいっこもみてなくてもわかる内容だったし
すごく面白かったから誰でも観に行ったらいいと思う!


主人公のウィルが開発しているアルツハイマーの新薬を投与されたチンパンジー(以下、猿)が
高い能力を発揮して、実験は大成功!と思われたが、
研究施設の檻から出そうとすると突然大暴れして、猿は射殺されてしまう。
実はその猿は檻の中でひっそり子供を産んでいて
自分の子供を守るために大暴れしたのだった。
利益第一主義の上司には実験の中止と猿たちの処分を言い渡され
ウィルは小猿をこっそり家に連れて帰る。
そこで小猿の驚異的な能力を目の当たりにしたウィルは
小猿をシーザーと名付けて自分で育てていたが
隣人とのトラブルから霊長類保護施設に入れなければならなくなってしまう。
そこで飼育員に虐待されたシーザーは…
というお話。


まず、あんな丸見えの施設でひっそり産みすぎでしょ!
とちょっと笑いそうになったけど
その後の展開が速くて、シーザーがかわいらしいから
その突っ込みもすぐに忘れてしまった。

本当に赤ちゃんシーザーは愛くるしくて
観客はみんな味方になってあげたくなっちゃうんじゃないかな?
隣の席の女性も「かわいい!」って思わず言っちゃってたし。

チンパンジー(以下、猿)はすべてCGだそうで
表情もぎりぎりまで人間に近づけて
生々しいお尻とかも毛で覆ってケダモノっぽさを少し排除してて
観客が共感しやすくなってたと思う。

あと、大きさが人間並にデカかったんだけど、そうゆう種類なのかな?
テレビに出てる猿のパンくんとかもっと小さいけど…

カメラも猿と同じように自由自在に動いて
楽しくて猿と同じ気持ちになれる。
子供部屋みたくカラフルな屋根裏部屋から
はしごやなんかをつたって動きまわる映像がすごく楽しかった。

あと、アメリカ杉に登るシーン。
生まれて初めて見る大きな大きな木を
うわーって呆けたように見上げるシーザー。
ウィルに「登っていいんだよ」って声をかけられて我にかえって
解き放たれたように無我夢中で木のてっぺんまで登るシーンがすごく良かった。

最後にもまた木のてっぺんまで登るんだけど
この時との対比も良かった。

そして、保護施設では
最低の飼育員に虐待されて、
家にあった窓の絵を壁に描いて恋しがってるところで泣きそうになって
その絵を消すところでもっと泣きそうになった。

(この飼育員がなんか見たことある人だな…と思ってたら
ハリーポッターのマルフォイだった。
愚かで性根の腐った奴を演じきっていたと思う。)

自由と尊厳を求めて立ち上がるシーザーがかっこよすぎで
私もシーザーについていこう!という気持ちになった。

シーザーはリーダーシップがあって
しかも理性的だから必要以上の攻撃はしないし
ほんとにできたお方だった。

シーザーがウィルの上司を見捨てるシーンがあるけど
後味が悪くならないように、上司に最悪の捨て台詞を言わせたりして
その辺りのさじ加減もうまい。
(でもあの上司は「金だ、金だ」とストレートに言い過ぎてて
キャラクターが薄っぺらだった。)

仲間のゴリラについては、私は男泣きだった。
あのゴリラもほんものの漢だった。

最後、一瞬、あ、ここで終わるんだ、と思ったけど
ラストがうまかった。
最小限の表現で世界に広がってゆく様子がわかるし
直接見せてないから余韻が残った。

隣人の「私はパイロットだからフライトに間に合わない」ってゆう台詞に
なんか違和感があったけど
最後に自然につなげるためだったのね、と納得。



スポンサーサイト
テーマ:SF映画 - ジャンル:映画
チョコレートソルジャー


タイの素晴らしいアクション女優・ジージャーちゃんの主演作。
今度は酔拳にヒップホップダンスの動きをミックスしたような
独特なアクションを披露してくれたのに
残念ながらDVDスルー…
「チョコレート・ファイター」は劇場公開されたのに…

この映画では、タイっぽさが排除されてるってゆうか
キリスト教の教会みたいなのはやたら出てくるのに
仏教寺院は全然出てこないから、
ちょっとオシャレな感じにしたかったのか
あるいはタイ国内だけじゃなく世界を意識して作ったんじゃないかな?
と思ったけど、日本では劇場未公開の憂き目に…

ジージャーちゃんは超絶アクションをやってのける上に
ほんとにすっごくかわいくて、
(たまにヒゲが生えてるみたいに見えるカットはあるけど…どうにかしてやれ)
若い女優のもしかしたら一番輝いてるときかもしれないから
本当は劇場で観たかったよ…

特に一人で敵地に殴りこみをするシーンがキュートで
巻き戻して何回も観てしまった。

夜。倉庫みたいな殺風景な場所。
怯える女の子の前に立ちはだかる悪人の男。
デヘヘヘとだらしなく笑う男の背後の窓から
ニョキっと逆さまにジージャーが顔を出して
ストンと飛び降りて、立て膝で酔っ払いのポーズ。
酔いのまわった目つきで辺りを眺めまわして
不敵な笑みを浮かべたら攻撃開始!

軽やかにステップをふんでる姿はヒップホップのダンスみたいなんだけど
ヨロヨロ、フラフラしながら敵を攻撃する姿はしっかり酔拳で
そのアクションにもかわいさにも魅了された。

最後のバトルもものすごくて、
私は今、本当にすごいものを観ている!って感動しちゃった。

脚を反らして自分の頭の後ろから蹴り入れるのって
見た目もかっこいいし、蹴られた方もびっくりするよ!
富士急ハイランドの「ええじゃないか」ってゆうアトラクションは
最初から最後まで何が起きているのかわからない状態で
とにかく体をブンブン振り回されるんだけど
あの蹴りも「ええじゃないか」みたく何が起きたかわからないんじゃない?

その他のアクションも工夫がいっぱいで
足にビヨンビヨンって飛び跳ねるやつをつけたバトルシーンとか
(でもリュック・ベッソンかなんかの映画でみたことあるかも)
段差のある吊り橋での上下に入り乱れて闘ったりとか
アイスダンスみたく一人がもう一人の体を振り回したりとか
すごい顔の仲間と波打ち際で決闘するシーンとか
ほんとに全部すごかった。

波打ち際で決闘した仲間の顔が一番すごかったけど
他の仲間たちの顔もすごく良かった。
タイによくいるような牧歌的な顔で
全然イケメンじゃないところがいい。
海辺の決闘の人はトニー・チャー系のド迫力の顔だったけど
髪の毛で顔が見えないようにされててかわいそうだった。

allcinemaでもwikiでもその人たちの情報が全然なくて
かろうじてイケメン枠のカズ・パトリック・タンという人の名前しかわからなかった。
もっとこの人たちの映画がみたいのに、すごく残念。

残念といえばストーリー。
きっとすごく一生懸命考えた設定だと思うし
英題は「Raging Phoenix」だから
ジージャーが逆境から不死鳥のように立ち上がるイメージからは
確かにずれていないんだけど
もっと単純な復讐譚にしても良かったんじゃないかな、と思う。

例えば、ジージャーは敵に両親を殺されてたのに
捨てられたと思い込んで生きてて、
サニムに助けられて初めて真実を知って、
しかもサニムも同じ境遇だった、
っていう話なら、ベタだけど、ここまで意味不明な後味にならなかったと思う。
あれじゃ、ジージャーも助けられた婚約者も悲惨すぎでしょ!

でも、アクションはドニー・イェン顔負けって位すごいから
観ないと損だと思う。
テーマ:タイ映画 - ジャンル:映画

ということでハシゴしてきた。

今日は3本違うところで観てきたけど、どの映画館も混んでいた。
1000円の日だから混んでたとも限らないけど
私みたいな土日休みのサラリーマンのために
月に一度くらい土曜か日曜のサービスデーがあったらいいのにな。

特に今日の一本目を観た新宿バルト9は
レディースデーもなくて
平日昼間の割引しかやってないし
ポイントカードとかもないんだよな~作ればいいのに~!

その一本目の映画は…

「アジョシ」

アジョシ

11:30からの回に満席。
ウォンビンファンなのか7割位が女性客だった。

ストーリーは…
孤独に質屋を営むウォンビンは
近所の人に逃亡者だ、性犯罪者だ、と噂されるような存在なのに(でもハンサム)
隣の家に住んでいる少女ソミだけはウォンビンに懐いていた。
ヤク中の母親にも構ってもらえず、学校でもいじめられているソミにとって
ちょっとでも構ってくれる人はウォンビンだけだったから…
そのソミの母親がヤクザから麻薬を盗んだせいで
ソミまでヤクザに誘拐されてしまった!
実はソミをかなりかわいく思っていたウォンビンは
ソミを助け出すために暴走を開始!…実は特殊部隊の元工作員だったのだ…!
というお話。


確かにウォンビンはかっこよかった。
足もすごく長かったし頭も小さくて
しかも脱いだらすごい腹筋!うっとり!
顔は昔の木村拓哉に似てると思った。
(特に髪が長かったとき)

でも「チェイサー」や「悪魔をみた」など
数々の韓国暴力映画の傑作のせいで
この映画に対する期待値が高くなりすぎちゃってて
ちょっと期待外れになってしまった。

話運びをもっとスリリングにして
ウォンビンの特殊部隊仕込みのスゴ技をもっと見せてくれたら
きっともっと満足できたと思う。

ベトナム人(タイ人のタナヨン・ウォンタラクンという人が演じている)との
トイレの中の戦いとか、
お風呂みたいなところでの戦いはかっこよかったから
ああゆうのがもっと観たかった。

あと、ピタゴラスイッチみたいな爆発シーンも面白かった。
一応ウォンビンに爆破のプロみたいな設定があったから回収したのかな?
(弟ヤクザはなんでこんな下っ端がやるような
工場の監督みたいなことやってるのよ、
っていう突っ込みは飲み込んでおいた。)

文句みたいなことを書いてしまったけど、
ソミ役の子役はすっごくよかった。
お人形みたくかわいい子じゃないところがリアル。
その分子供らしい感じがするし演技力があるから
ソミがつらい思いを吐露するシーンでは
なんだかソミがほんとに不憫で涙が出てしまった。

前情報では韓国版「96時間」みたいな感じだったけど
最終的にウォンビンはお縄頂戴するしウェットで
「96時間」みたくスカっとしない終わり方だった。

でも、隣の席の女性は泣いてたよ…
ウォンビンが「抱きしめたい」って二回言ったからかな…?


「ファイナル・デッドブリッジ」

ファイナルデッドブリッジ

シネマート新宿で鑑賞。公開初日だった。
お客さんは7割位入ってたかな?
一人でおじいさんが来てたのが印象的だった。
私もおばあさんになったら一人でホラー映画を観に行って
周囲の人を困惑させたいな。


ストーリーはいつもの通り。
主人公が危険を知らせる予知夢を見る。
→逃げて命拾いする。
→でも命拾いした仲間が悲惨な事故死をとげる。
→主人公が死ぬ順番に気がつく。
→でもどんどん死ぬ。

どんな死のピタゴラスイッチが見れるのかが
この映画の見所だと思うんだけど
ゆるんだネジ、切れかかったコード、落ちそうなコップ、みたいな
何か起こりそうなものが画面に映ると
ハラハラした空気が劇場に流れるのが楽しい。

今回も色々な事故のパターンを紹介してもらったけど、
機械体操のはすごく凝ってて
裏をかかれた!と思った。ちょう面白い!

あと、マッサージ店のオチは好き。

レーシックも元々怖かったから
やっぱり絶対やりたくないや~と思った。
(でもあれって医者が悪いよな。)

今回、シリーズ5作目にして
他の人を殺したら自分は死なないってゆう
新しいルールが追加されたから
てっきりこれからも続けるのかと思ったら
エンディングクレジットで
シリーズ一作目からの名場面(人が事故死するシーン)が
楽しかった思い出の走馬灯みたく流れて
あ、これで最後なんだ~と思った。

寅さんが色々な女の人に振られるみたく
このシリーズも登場人物が色々な死に方をする映画として
末永く続けてほしかったのに残念。


この後は新宿武蔵野館でドニー・イェンの映画を観たんだけど
もう眠いので一回終わります…
テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。