ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウルでお金を遣い果たしたことだし
夏休み(と言っても1日休みをとって3連休にしただけ)はおとなしく
家で過ごそうと思ってDVDをまとめて借りてきた。

ラッキーなことに全然ハズレなし!
全部ものすごく面白かった。


「冷たい熱帯魚」

冷たい熱帯魚

【あらすじ】
 2009年1月14日。
小さな熱帯魚屋を経営する社本信行とその妻・妙子は、
万引で捕まった娘・美津子を引き取りにスーパーへと向かう。
すると、その場に居合わせた店長の知り合いという村田幸雄の取りなしで、
美津子は何とか無罪放免に。
村田も熱帯魚屋のオーナーだったが、
規模は社本の店とは比べものにならないほど大きなものだった。
人の良さそうな村田は、美津子を自分の店で預かってもいいと提案、
継母である妙子との不仲に頭を痛めていた社本は、その申し出を受入れることに。
さらに村田は、高級熱帯魚の繁殖という儲け話にも社本を誘い込む。
その口の上手さと押しの強さを前に、
いつの間にか村田のペースに呑み込まれてしまう社本だったが…。
(allcinemaより)


すっごい熱量の映画だった。
過激なスプラッター描写も見ごたえがあったし
おっぱい丸出しでがんばる女優さんもすごかったけど
夕食の冷凍食品を温める電子レンジの汚いターンテーブルとか
細かいところまで手を抜かないで人をぞっとさせるようなものを
全力でつきつけてくる真摯な態度に打ちのめされた。

話題になっていたでんでんの怪演も
根本漫画の吉田佐吉ぶりも評判通りで軽くトラウマ。
この映画をみた後、道端に似た声の人がいただけで
なんだか不穏な気持ちになってしまった程。

社本がレイプされるシーンで
よいしょ~よいしょ~って嬉々としてるでんでんのことは
ずっと忘れられないと思う。

その妻役の黒沢あすかもすごく良かった。
すごくきれいでタガが外れててイノセントで魅力的。
全く共感できる役じゃないのに釘付けになってしまった。

誰にでもオススメできるような映画じゃないけど
びっくりしたい人は絶対観たらいいと思う。


「エリックを探して」

エリックをさがして

【あらすじ】
 マンチェスターの郵便配達員エリック・ビショップは、しょぼくれた中年オヤジ。
2度の結婚に失敗した彼は、
7年前に出て行った2度目の妻の連れ子2人を一人で育ててきた。
しかし、その2人の息子はいまやすっかり問題児。
おまけに、未だに心から愛しているものの、
今さら合わせる顔がないと感じていた最初の妻リリーと再会しなければならなくなり、
気持ちが沈んでいた。
そんな彼の心のアイドルは、地元マンチェスターの英雄、エリック・カントナ。
今日も自室に貼った彼のポスターに向かって愚痴をこぼすエリックだったが、
なんと突如どこからともなくカントナ本人が現われた。
そして含蓄ある格言で彼を励まし始めるのだったが…。
(allcinemaより)


私はサッカーを全然知らないし
「エリック・カントナ」という有名な選手のことも知らなかったけど
とても面白くて希望のある素敵な映画だった。
そしてちょっとサッカー見てみようかな、って気になった。

主人公のビショップは郵便局員。
その仕事仲間たちがとってもいいヤツらで
イギリスの人たちはマヌケっぽいけど仲がいいな~と思った。
みんなでパブでビール飲んで楽しそうだし。

ビショップが事故を起こしてしまったり
息子がギャングの手下になって人殺しの容疑をかけられそうになったり
暗くなりそうな感じもあるんだけど
なんかのんきなトーンが顔を出すバランスもよかった。

結末はうまくいきすぎとも思うけど
私は大満足。


「イップ・マン 序章」

イップマン序章

【あらすじ】
 1930年代の中国広東省佛山。
家族と共に平穏な日々を送る詠春拳の達人、イップ・マン。
その実力と人格で人々の尊敬を集める一方、
彼を倒して名を挙げようとする武術家たちも多く、
心ならずも手合わせをしては、いずれも一ひねりにしてしまうのだった。
ところが折しも日中戦争が勃発、佛山を占領した日本軍によって家屋を奪われ、
窮乏を強いられる。
やがて空手の名手でもある日本軍将校・三浦がイップ・マンの実力に目を付け、
日本兵たちに中国武術を教えるよう迫るのだが…。
(allcinemaより)


日中戦争の描写が大げさなのか本当なのかわからないけど
日本人として悲しく申し訳ない気持ちになってしまうのを差し引いても
大傑作だった!

(でも元々中国人が嫌いで嫌いで悪口ばっか言ってるような人は
絶対みないほうがいいと思う。
反日だ!って怒り出すことになると思うから。
私も、ドニーに嫌われちゃった、とか思ってしょんぼりしたけど
途中から中国人になったつもりでみたらそーとー盛り上がった。)

ドニー・イェンの演技とアクションが素晴らしかった。
特にルイス・ファンとの対戦は巻き戻して何度もみてしまった。
あと、工場の人たちが武術を学ぶシーンも好き。

日本人将校役の池内博之がもうちょっとアクションができたら
クライマックスはもっと盛り上がったのかもしれないけど
損な役を精一杯気品をもって演じようとしていたと思う。


続編の「イップ・マン 葉問」も絶対に観る!



スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画
最終日。

朝ごはんは明洞の全州中央会館というお店で石焼ビビンバを食べた。
量がそんなに多くないので女性でも一人で食べきれるんじゃないかな?
おいしかったけどそんなにおこげがなくて
前の夜に食べた石焼ビビンバのほうが好みだったかも。

全州ビビンバ

買い物ばっかりで頭がおかしくなりかけていたので
景福宮観光をした。
衛兵交代みたいなのも見れたしタイミングも良かったみたい。
ただ、ちょう暑くて暑くて
そんなに集中して見ることができなかったのが残念。
知識もあんまりないし、
ドラマのチャングムとか見てたら夢中になれたのかもしれない。

景福宮

その後、ホテルの近くに戻って
ロッテスーパーで買い物した。
棚一面に色々な種類の韓国のりがあって
どれにしようかすごく迷ったけど
パッケージがちょっと高級ぽい「名品」て書いてあるのにした。

私はまだ食べてないけど、今調べてみたら割と評判いいみたい。
http://www.seoulnavi.com/special/5027297
良かった~

ちょっと時間があったので
ホテルの近くの小さいお店で
海苔巻きとか冷麺を食べた。
すっごい安かった。
海苔巻きなんて1500ウォン。
ちゃんと美味しかった。

平壌冷麺
※冷麺のスープがシャーベットみたく凍ってて
すごく冷たくて美味しかった。

仁川空港は免税店もたくさんあって
廉価なほうの韓流コスメ(アモーレパシフィックとかじゃない)も売ってたけど
種類が少なかったので
色々買いたい人は東和免税店か街中で買うのがおすすめ。
東和免税店が街中よりも10%安いらしいので
そこで売ってないのを街中のお店で買うのが一番お得なはず。


最後の最後まで買い物をして
飛行機に乗ってあっという間に羽田着。

飛行機が23:25着だったから間に合うかヒヤヒヤだったけど
0:00ちょうどの新宿西口行き最終バスに乗れて良かった。


ソウルは近くて、物価が安くて、食べ物がおいしくて
人は親切でほんとに旅行しやすかった。
また大食いツアーしたいな。
テーマ:韓国旅行 - ジャンル:旅行
朝ごはんはコングッス(コングクス?)という
冷たい豆乳の麺を食べた。

例によってタクシーで行ったので道はよくわからないけど
晋州会館というお店に行った。

日本語は通じないけど
店員のおばちゃんたちはみんな明るくて元気で
勝手にあれこれ世話をやいてくれるので
言葉が通じなくてもなんとかなる店だと思う。

友達は途中で味に飽きて残しちゃってたけど
私にはすごく美味しかった。
流石にスープ(豆乳)は全部飲めなかったけど
周りのおじさん達はそれも残さず完食してた!すごい!
ここのキムチが全然しょっぱくなくて酸味も強くなくて
私はすごく好きな味だった。
麺もでんぷんが入っているのか弾力のある冷麺みたいな麺で
韓国!って感じだし
暑い夏にはすごくいいメニューだと思った。

コングッス

次は私のあこがれの南山ケーブルカーに乗った。

南山ケーブルカー

なんであこがれかというと
「私の名前はキムサムスン」という
私が唯一みたことのある韓国ドラマに出てくる場所で
とてもロマンチックな感じがしたからいつか行ってみたかったのだ。

実際乗ってみるとちょう暑くて人もぎゅうぎゅうだし
全くロマンチックではなかったけど
高いところってやっぱりワクワクして楽しかった。

山の上にあるNタワーにも登ったけど、料金が高いように感じた。
確かに遠くまで見えて眺めは良かったけど
もしかしたら夜のほうが景色がキレイかも?
下りのエレベーターに乗るのに
冷房のきいてない場所で15分くらい並ばされたのにも閉口した。

お昼ごはんは土俗村の参鶏湯(サムゲタン)を食べた。

土俗村のサムゲタン

前にソウルに来た時にもここのお店で食べてて
すっごくおいしかったという記憶があったのでまた来てみた。

記憶の通り、スープは濃厚だけどくどくなくて
鶏肉は箸でホロリと崩れるくらいやわらかく煮込んであって
味の濃い大きな朝鮮人参が贅沢に入ってて
とっても美味しかった!

ここでも完食できなかったんだけど
周りのおじいさんや小学生くらいの女の子はスープまで平らげていて
流石!と思った。


なんとなくスタミナがついた気持ちになって
すっかり元気になって東和免税店へ。
前日にチェックしたものをたくさん買い込んだつもりでいたけど
今考えると安いんだからもう少し買っても良かったな…と思う。

特にinnisfreeというブランドのグリーンティーラインと
エコ・サイエンスラインは全部揃えても良かったかも…
グリーンティーのBBクリームは塗った感じが軽くて
暑い夏にはぴったりだった。
しかもセールで5本セット・42ドルという安さ!

あと地下にはbanila coがあって
プライマーとプレストパウダーを買ったんだけど
チークとかも買えば良かった~
しかも店員さんがかわいくてすごく親切だった。

円高パワーはほんとにすごくて
本当にお得な買い物をしたな…と思う。
バブルってこんな感じだったのかな?


本当はアモーレパシフィックプロデュースの
ハンユルジョンというエステに行きたかったんだけど
予約がとれなかったので
beauty placeというサロンに行った。


17時に予約をしていたのに
道路が渋滞していてタクシーが全然進まなくて遅刻しそうで心配してたら
なんとタクシーの運転手さんがエステサロンに電話をしてくれて
事情を説明してくれたみたいで、すごく感動した。

サロンの近くまで来たら
アクション映画のように一方通行を逆走してかっとばしてくれて
運転手さんの剛速球の親切心に胸打たれた。
何度もお礼を言ってタクシーを降りたんだけど
運転手のおじさんは、うんうん、ってうなずいただけで
ドヤ顔一切なしで走り去っていった…
な、なんてかっこいいんだ…すっごい鼻毛出てたけど…

台北でもタクシーの運転手さんがちょう親切で感動したことがあったけど
ソウルの運転手さんもこのおじさんをはじめとして親切な人ばっかりだった。

今回の旅行前にしたり顔で
韓国は反日運動が盛り上がってるから気をつけて行ってきてね~
もし日本人だってばれたら…こわいよ~、
なんて言ってきた会社の子もいたけど、
私は全員に日本人だってバレバレで歩いてたにも関わらず
一回も嫌な思いはしなかった。
観光業とは無関係のその辺で工事してるおじさんに道をきいても
すごく親切に教えてもらえたし…
私も旅行者には親切にしようって心に決めたよ。

エステは顔のアンチエイジングコースをやってもらった。
顔のマッサージがすごく気持ちよくて寝てしまった。
小奇麗なサロンだったし
手や足もマッサージしてもらえてなかなか良かった。
顔色もくすみが消えて、毛穴が消えた感じ!


でも変に寝ちゃったせいか、急に血行がよくなったせいか
エステが終わったら急に頭が痛くなってしまって
薬を飲んでホテルで少し横になってから
東大門にくりだした。

ミリオレの隣のハローエーピーエムというビルで
激安のネイル用品のお店を見たり
延々続く洋服屋をひやかして、
夜中の12時をまわってからサムギョプサルを食べた。

ウネンナムチプというハローエーピーエムの裏にあるお店で、
ガイドブックには冷凍肉を使ってないサムギョプサルが人気、と書いてあったけど
周りのお客さんたち(みんな韓国の人)は
薄切りの牛肉を食べていた。
あとインスタントラーメンが入ったチゲみたいなのを食べてる人も多かった。

お店のおばさんにしつこく一番高い牛肉(ヒレステーキかなんか)を勧められて
根負けして牛肉も頼む羽目になったけど
私はサムギョプサルのほうが気に入ったかな?
ネギやニンニクや辛いやつといっしょに
サンチュやエゴマの葉っぱにくるんで食べるのは
豚肉のほうがあうような気がした。

サムギョプサル

あと、石焼ビビンバもおこげがカリカリで
のりがたっぷりで量も多くてすごくおいしかった。

マッコリを飲みながら
おいしいものをたくさん食べて極楽、極楽。

ホテルへの帰り道は
時間が遅くて長距離なせいかタクシー2台も乗車拒否されてしまった。
優良タクシーっていう少し高いタクシーはちゃんと乗せてくれたので一安心。
やっぱりホテルは中心地に近いほうがいいね、という結論になった。
テーマ:韓国旅行 - ジャンル:旅行
HISの夏のキャンペーンで、
羽田発ソウル2泊3日24800円、燃油サーチャージ込みという魅力的なツアーを予約できたので
8/4~6の3日間ソウルに行ってきた。

(8/4出発だと27800円で、
ホテルも少しマシなところになるように3000円プラスしたから
結局は30800円だった。)

私はこの価格だったら大満足だったけど
いくつか安いツアーの落とし穴的なところがあったので
参考までにメモ。


●午前出発、午後帰国。確かに現地滞在時間は長いが…

アシアナ航空の朝6時10分出発の便だったので
羽田空港の集合時間は朝の4時。
勿論、電車もバスもない。
3時過ぎにタクシーに来てもらって空港まで行った。
定額タクシーというのを予約してたから8000円で済んで
更に一緒に行った友達と3人で割ったので
少しは安上がりになったけど
普通に行くよりは割高になった。

帰りは仁川空港を夜の21時過ぎに出発して
羽田着が23時25分。
新宿行きの終バスが24時ちょうどだから
飛行機に荷物を預けちゃうとギリギリの時間。
今回はなんとか間に合ったけど
終バスは深夜料金になっちゃってこれも割高。


●ホテルを多少グレードアップしてもたいしたことない。

今回HISに泊まれと指定されたのは
東ソウルホテルという中心地からえらく離れた場所にあるホテルだった。
日本よりもタクシー代が安いからお金はたいしてかからないけど
渋滞がすごいので移動に時間をとられるのがもったいなかった。
ホテルの部屋は改装して新しい感じになってたけど
水周りは古いままで狭かった。
バスタオルも古ぼけてた。

たった3000円のグレードアップだからこんなものか、という感じだけど
グレードアップしてなかったらどうなっていたか恐ろしい。
もうあと8000円足すプランもあったけどケチった結果がこれ。


●免税店と土産物屋に立ち寄る。

ブランドものは買えないけど
化粧品は絶対に買うので
免税店に立ち寄るのは私は全然問題なし。
立ち寄った東和免税店は廉価な韓流コスメのお店がたくさん入ってて
すごく良かった。

帰りは変な場所の土産物屋に立ち寄ったけど
時間も20分程度だったし
ガイドさん曰く
土産物屋に寄らないツアーはそれだけで旅行代金が1万円高い、
らしいので私は割り切れた。


以上!


今回の旅行の目的は
韓流コスメを購入することとうまいものを食べること。

私が前にソウルに行ってからもう7、8年も経ってて
その経験は何の参考にもならなかったけど
一緒に行った会社の友達二人は去年行ったばかりだったから頼もしかった。

最初に立ち寄らされた東和免税店で友達は早くもたくさん買い物してたけど
私はどんなお店が入っているかチェックするだけで精一杯。
事前にどんな化粧品があるのか本まで買って調べてたのに
IKKOさんが広告してるエチュードハウスのBBクリームが苦手なニオイだったりして
完全に出鼻をくじかれてしまって
あとは夢遊病のようにヨロヨロと漂っているだけになってしまった。

IKKOさんのソウルでの信頼感ってなんかすごくて
私もファンでもなんでもないのに
これはIKKOさんがオススメしてたアイクリームです、
とか言われると、へえ、じゃあ試してみようか、なんて気になったりして
あれは一体なんなんだろう?
もうIKKOって呼び捨てにできなくなっちゃってるし。

免税店のスタッフの方々が日本語ペラペラなので
なんとなく日本にいる延長みたいな気持ちで油断してたら
すごくキレイな人なのに口からニンニクのニオイが漂ってきて
ここは外国なんだ!!と気付かされた。


免税店の後ホテルに送ってもらって
まずは明洞に出て行ってマッサージをした。
ソウルナビというサイトで予約した店に行ったんだけど
私は残念ながらハズレだった…
一緒に行った友達二人はおばさんにマッサージしてもらえて
私は若い男の子だったせいか全部本当に痛かった。
ふくらはぎなんて今も触ると痛いくらい。
おばさんのマッサージはすごく優しかったらしいから
悪いお店ではないんだと思う。
でも私はもう行きたくないけど。

お店の中も写真みたく明るくないし
すっごく狭いので雰囲気はだいぶ違うと思う。

http://www.seoulnavi.com/beauty/28/

その後、キムパプを食べた。
(キムパプは韓国の海苔巻き。)
SCHOOL FOODというオシャレな若い人向けっぽいお店で食べて
すごくおいしかった。
明洞のM PLAZAというZARAとかが入ってるビルの5Fなので
場所もすごく便利だった。

キムパプ
※ちょっと食べかけ。

↓違う店舗のリンク
http://www.konest.com/data/gourmet_mise_detail.html?no=3325


立て続けにおかゆも食べた。
明洞栄養粥栄養餃子というお店で
餃子とアワビのお粥を食べた。
餃子の皮がむっちりつるんとしてて美味しかった。
具がキムチのやつはイマイチ。
アワビのお粥はダシがきいてて美味しかった。

アワビのお粥
※アワビのお粥。上品な味だった。

じゃがいも餃子
※じゃがいも餃子。皮が特徴的。

↓こんなクーポンがあるなんて知らなかった。
http://www.konest.com/data/gourmet_mise_detail.html?no=969

その後、ロッテ免税店で買い物をして
(YSLとかボビイブラウンとか日本の半額だった。円高ってすごい…)
ヘトヘトに疲れ果てて、
夜は明洞の居酒屋でポッサムとチヂミを食べて
マッコリを飲んだ。
歩いてて適当なところに入ったので店の名前も忘れたけど
おいしくて落ち着く店でよかった。

ポッサム
※ポッサム。これで10000ウォンくらいだったかな?

帰り道は白タクに声をかけられてぼられそうになった。
すぐに逃げたので何の問題もなかったけど…
でも昔のバリ島とかみたくしつこくないし
他のタクシーの運転手さんは親切な人ばかりで
ほんとに気分よく移動できた。

テーマ:韓国旅行 - ジャンル:旅行
トランスフォーマーダーク

六本木ヒルズのどでかいスクリーンで観てきた!
1日の割引デーだったせいか平日の8時半の回でも
8割はお客さんが入ってたと思う。

ちなみにTOHOシネマズは3D映画でも
水曜日とかの割引デーにメガネ持参で自動発券機と
1200円で観れるのでお得。

※バンブルビーがお出迎えしてくれた。
バンブルビー


予告がとにかくシリアスでちょうかっこよくて
すっごく楽しみにしていたんだけど
フタをあけてみるといつものあの感じだった…


【あらすじ】
1969年7月20日、アポロ11号が月面着陸に成功した。
しかしこの歴史的偉業の陰には、
NASAとアメリカ政府がひた隠しにしていた衝撃の事実があった。
月の裏側には、未知の金属生命体であるトランスフォーマーの宇宙船が不時着していたのだった。
しかしその後、彼らが知り得た事実が公表されることはなかった。
現代のアメリカ、シカゴ。
社会人となったサムの前に、再びあの悪夢が甦る。
オフィス機器に姿を変えたトランスフォーマーの侵略者が、
人間たちを襲い始めたのだ。
そして、政府が40年間隠し続けてきた事実が最悪の事態を招くことに。
もはや人間に協力するトランスフォーマーたちの応戦もむなしく、
人類の希望は風前の灯火となってしまう…。
(allcinemaより)


今作でヒロインが代わったんだけど
またセクシーなすっごい美女で
(私はミーガン・フォックスよりもこの人のほうが好き。)
この美女の素敵なハミケツで映画が始まった。

そして小さくて下品なロボットが
美女の足に抱きついて腰をカクカクする交尾ギャグが炸裂したとき
ああ…いつも通りのトランスフォーマーなんだな…と悟った。

でも長い…154分だって!
あらすじに書いてあるようななんだかすごい陰謀とかやってる感じを
かもしだそうとしてるんだけど
たいして内容はないのでもっと短くしたほうが絶対いい。

とにかく街を破壊しまくってて、もうこの映画はそれだけでいいと思った。
あまりの壊しっぷりに唖然として、
気付いたらマンガみたく口が開いちゃってた。

王様のブランチか何かで
この映画のCGを担当している日本人にインタビューしていて、
その方が、
監督はメカがどう変形していくかってことよりも
どう壊れるかってことに興味を持ってた、
みたいなことを言っていたんだけど、納得。

ビルをぐわしゃって折ったり
やりたい放題で監督はさぞかし満足しただろうと思う。
私も口をあんぐり開けながらもなぜか笑ってた。

予告でかっこよかったシーンはやっぱりすごーくかっこよくて
横に移動しながらバッタバッタと敵をなぎ倒すシーンとか何度でも観たい。

確かにかっこよかったけど
オプティマスは紐にひっかかってる時間が長すぎでマヌケに見えた。
そのくせ只野仁の梅宮辰夫ばりに
最後にキメキメでいいこと言ってる風のまとめをしてる辺り
思わずつっこまずにいられない。

てゆうか、男塾名物の実はあのときパターンもあるし、
映画の帰り道、一緒に観た友達とつっこみを入れてたら話が尽きなくて、
こうゆう隙のある映画って楽しいな、と思った。
これであと30分短ければ大満足だったのにな~



テーマ:トランスフォーマー - ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。