ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メタルヘッド

水曜日にシアターNに観に行ったんだけど
満席でしかも女性が多くて意外だった。
ジョセフ・ゴードン=レヴィットって女性に人気あるのかな?

ジョセフ・ゴードン=レヴィットは悪くなかったけど
「キルショット」ではもっとどうしようもないチンピラ役とかやってたし
もっとハチャメチャな野郎を想像してたから
少しおとなしく感じてしまった。

でもキュートではあった。
オナラするところはちょっと笑っちゃったけど
ヒザを曲げるあたりがかわいすぎたかも。

私のメタルの知識がデトロイトメタルシティだけなせいだと思うけど
私の想像だとオナラしてそのまま脱糞して怒って叫びながら外に飛び出して
隣の家のプールの水を全部飲もうとして失敗して
更に怒ってヘビを殺すくらいのことはするのかと思ってた。

そうゆう意味では安心してみれるメタル野郎だった。

子役とナタリー・ポートマンは良かった。
ナタリー・ポートマンは製作もやってるみたいだし
ダメな感じの女の子をすごく掴んでいきいき演じてたと思う。
ちゃんと普段よりはブスになってたし。

ブラックスワンも良かったし
ナタリー・ポートマン目当てで
水曜日のエミリアとか観てみようかな?
スポンサーサイト
テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画
神田川沿いの遊歩道に面して、ひっそりこじんまりと建ってる甘味処「讃岐屋」。
調べたらここは寒天の製造工場で、甘味処というよりも直売所らしい。

創業は大正時代で無添加の寒天を作っているそうだけど
老舗っぽい敷居の高さが全然なくて
店内のテーブル席(4つある)では
年配のご夫婦があんみつをのんびりつついてたり
いい感じにおうちっぽくて落ち着く。

住所は高田馬場だけどJR高田馬場駅から歩くと15分位?
都バスの小滝橋営業所バス停が一番近いと思う。

豆かん(¥400)をオーダーしたら
寒天も豆もたっぷりな上に
小さいみたらし団子がついてきて驚いた。


讃岐屋の豆かん

私は量が多いお店が大好きなので
私的にはこの時点で好感度がうなぎ昇り。

黒蜜はこってりと甘くて
渋いお茶と交互に口に入れるのが楽しい。
割と歯ごたえのある豆は塩けがあって寒天も弾力があって、
洗練とはかけ離れているけど、素朴でおいしい豆かんだった。

しかもこれだけで結構お腹いっぱいになった!
みたらし団子もやわらかくておいしかった。

お店の方もさっぱりとした感じのいい接客で
ほんとに気軽でいい感じ。
次はところ天に挑戦してみようかな?

寒天工房 讃岐屋のHP
テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ
先月あたり、早稲田通りの小滝橋の交差点の近くに
食パン専門の小さいカフェができた。

今日やっと行ってみて
ゴルゴンゾーラと蜂蜜のトースト(\450)の
パンプディングとドリンクのセット(\300)を食べてきた。

食パンカフェ


トーストは厚切りで軽くてサクサクしてて
とってもおいしかった。
ゴルゴンゾーラと蜂蜜もちょうど良くて
甘くてしょっぱくていいバランスだった。

パンプディングはしっかり甘くておいしかった。
小さいサイズだけどドリンクと合わせて300円はお得だと思う。

7、8席しかないので
ゆっくり読書ができるような感じではないけど
お店の人もすごく感じがいいし
(湯上りみたいな格好で行ったけどすごく優しくしてもらったよ…)
流れてる音楽もいい感じで、居心地はいいと思う。

ただ…私が大食いなせいなんだけど…
お腹すいてるときだったらパン1枚じゃ足りないし
かと言ってもう1枚頼むと結構高くつくし
プレーントースト100円みたいなのがあれば…
またはゆでたまごがつくとかあれば
もっといいのにな、と思った。

ネットで検索してもHPもないし食べログとかにも載ってないし
駐車場や駐輪場もないので地元の人に愛用されるお店になるのかな?
小滝橋の辺りにはこうゆうオシャレなお店がほんとに全然ないので
すごく重宝すると思う。
テーマ:カフェ - ジャンル:グルメ
ハングオーバー!!2

すっごく楽しみにしてた「ハングオーバー2」の無修正バージョンが
(正式な名前は「ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える」だそう。)
TOHOシネマズ六本木ヒルズで観れるということで
会社のお友達といってきた。

会社の飲み会の後に行ったので
21:40からの遅い時間の回だったのにも関わらず
金曜の夜・初日・映画の日と3拍子揃ったせいか370席の劇場は満席。


今度は歯医者のステュがタイで結婚式を挙げることになって
(ヘザー・グレアムはどうなったの?)
ベガスの二の舞にならないようにビール一本でやめておくはずが
目覚めると見知らぬ部屋にいて
ステュの結婚相手の弟は行方不明で
しかも記憶もとんじゃってる…と
話のフォーマットと主な登場人物は前作と全く同じ。


登場人物のキャラクターもわかってるし
前作を観てるとより笑えるギャグもたくさんあるけど
もう「とんでもないことが起きるぞ」って心構えができてるから
残念ながら前作を超えた!とは言えないかな?

でも、不謹慎さとばかばかしさは前作以上だし
すごく笑えたので、私は大満足!

特にアランの狂人ぶりには磨きがかかってて
アランが犬のTシャツ着て立ってるだけで笑えた。
なにあのTシャツ、ほしい。
あと、ステュがゴーゴーバーで昨夜の話を聞くくだりも
最低すぎてほんとにおかしかった。


バンコクの描かれかたは怪しさ全開で「魔都・BANGKOK」って感じ。
お坊さんにあんなことを!って、一瞬怒っちゃうタイ人とかいそうだけど
ばかばかしすぎて怒る気も失せそう。

バンコクに行ったことがない人が観たら怖くなっちゃいそうだけど
普通に旅行してる限りバンコクは危なくないし
チャウが寒がって屋台でスープ飲んでるの観たら
私もすっごくバンコクに行きたくなっちゃった。
女でも平気で入れるゴーゴーバーもあって楽しいから、また行きたいな。


上映中は常に笑いが起きてて
映画が終わったら拍手が起きるくらい盛り上がって
ほんとに楽しかった。

たぶんチンコが丸出しで映るから18禁なんだと思うけど
あれはなかなか見る機会がないと思うので
六本木まで行ける人は行ったらいいと思った。




テーマ:コメディ映画 - ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。