ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
塔の上のラプンツェル

新宿ピカデリーの夕方の回に行ってきた。
さすがディズニー、地震の影響なんて微塵もなくて満席!
時間帯のせいか家族連れは少なくて
カップルや女の子同士のお客さんばっかり。

3Dの吹き替えだったけど
例によって3Dでなくても良かったような…
吹き替えなのもちょっと心配だったんだけど
しょこたんはちょう上手だった!
あんたラプンツェルそのものだったよ!

ストーリーは…
深い森に囲まれた高い塔の上から
18年間一度も外に出たことがないラプンツェルは、
母親以外の人間に会ったこともなかった。
ある日、お尋ね者の大泥棒フリンが、
追手を逃れて塔に侵入してくるが、
ラプンツェルの魔法の髪に捕らえられてしまう。
しかし、この偶然の出会いはラプンツェルの秘密を
解き明かす冒険の始まりのきっかけとなり……。
(シネマトゥディより)

ラプンツェルとフリンが二人でゴンドラに乗って
無数の明かりが空に浮かんでいるのを見るシーンは
本当に夢みたいにきれいでロマンチックだった。

それと脇役の馬やカメレオンや酒場の荒くれ者たちのキャラクターが
愉快でかわいくて、動きもディズニーらしくて
とても楽しかった。

ただ…私は「プリンセスと魔法のキス」を観てしまっている。
観てなければ大満足してたかもしれないけど
「プリンセスと魔法のキス」みたく夢中にはなれなかった。

やっぱりストーリーが物足りなかったかな?
主人公の生い立ちや能力は映画の冒頭で示されるから
そのミステリーもないし
主人公が恋に落ちる過程も少し弱いように思った。

確かに「プリンセスと魔法のキス」もあっさり恋をしてしまうけど
観てる間はそんなこと気にならなかった。

そういえば、嘘のお母さんはどうやってあの塔を建てたんだろう?とか
最後なんで顔見ただけで本当のプリンセスってわかったんだろう?とか
ちょっと突っ込みながら観てたから
やっぱりそこまで入り込んでなかったのかな…

スポンサーサイト
テーマ:ディズニー映画 - ジャンル:映画
「グレッグのダメ日記」

グレッグのダメ日記

中学デビューを狙うチビのグレッグは
学園ピラミッドの上位者になろうとして色々やるんだけど、ことごとく失敗。
親友の幼稚でダサいロウリーは人気者になってるのに!
納得できないグレッグは…というお話。

クロエ・モレッツ(ヒットガール)が出てるってことで観てみた。

主人公のグレッグが性格悪すぎで引いちゃった。
ただのさえない男の子じゃなくて
自己中で唯一の親友にもやさしくない上に頭も悪い勘違い男子で
こいつは一体いつ改心するんだ…と思ってたら
最後の最後でちょっといいこと言うだけで
グレッグが具体的にどう変化したのかはイマイチわからなかった。

でも私の見方って、理想のかわいい子供を追い求めてるだけなのかも。
グレッグは大人から見た不愉快な子供ってだけで、
子供って自己中だし客観視とか無縁だし
この映画はリアルといえばリアルなのかも。

クロエ・モレッツはシニカルな女の子を自然に演じてて
すごく良かった。かわいい!


「300」

300

「サッカー・パンチ」公開前に
ザック・スナイダーの予習ということでみてみた。

絵巻物みたいな映画。
ちょうかっこよくてケレンのある映像に心を奪われた。
スローモーションを多用した緩急のつけかたとか
なんだか歌舞伎みたいだ。

そして男達のうっとりするような肉体美…!
ジェラルド・バトラーの男らしさったら!

あらすじを読むと歴史物って感じだけど
完全にバイオレンス&ファンタジー映画。
ストーリーは、わるもののペルシアに
さいきょうスパルタ人ソルジャーがたった300人でたたかいをいどむ!
ということだけ理解できれば充分楽しめると思った。


「ヒックとドラゴン」

ヒックとドラゴン

「300」もそうだけど劇場で観たかった…見逃した私のバカ!

ヒックも最初ダメなやつなんだけど
自分らしさを追求していって
人とは違う考え方を発表する勇気を持って
成長するところが感動的だった。
クライマックスの戦いは涙が止まらなかった。

最後のペット発言はちょっとガクっときたけど…

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画
首都高
首都高が封鎖された。下道は渋滞してた。


昨日、会社でチームミーティングをしていたら
不意にゆら~ゆら~と部屋がゆれだした。
ゆれ幅はどんどん大きくなって尋常じゃない揺れになってきたので
とっさに机の下にもぐったけど
危ないから外に出よう!って誰かが行って
みんなでビルの非常階段を下りた。

下りてる途中も足元がぐらんぐらんして
会社の外に出ても街灯や標識がぐらぐら揺れてて
外も危ない感じだし、目が回りそうだった。

オフィスに戻ってすぐにYahooを見て
すごく大きな地震が東北で起きたと知った。
平然と仕事に戻ってる猛者もいたけど
私はとてもそんな気になれなくてオフィスのテレビを見ていた。

たぶん中継の映像で、津波が家や田んぼ(畑?)、
そして動いてる自動車や人を飲み込んでいく様子を見て
(直前にカメラが切り替わったので決定的瞬間は見ていないけど)
この世の終わりみたいな気持ちになった。

そんなシーンを映画で観るのは好きなのに
実際の映像だと心がぺっちゃんこになって涙が出てくる。

一人でも多くの方が助かるように
今はただただ祈るしかできないけど
せめて冷静に行動したいと思う。

デマを流す・信じるなんてもってのほか!
【東北地震】閻魔大王ら協力申し出「デマ流した者は舌2枚抜く」
テーマ:日記 - ジャンル:日記
2/26~3/4に開催された「東京国際ゾンビ映画祭」

なんて素敵なお祭りなんだ!
私は「死霊のえじき」と「サンゲリア」を観ることができた。
仕事の都合で平日のプログラムは全滅だったのが本当に残念だった。
(あと花粉症の薬を飲んでてちょう眠かったことも残念…)

「死霊のえじき」の予告。さいこう!



映画の前には江戸木純さんがいらして
簡単に映画の解説をして下さって、映画祭っぽさが盛り上がった。
大学の先生のような風貌の江戸木さんが語ると
ゾンビ映画も知的な趣味みたいな気分。
とっても素敵な方だった。

残念なことに私が観た回は両方とも満席とはいかなったけど
楽しかったからまたゾンビ映画祭をやってほしい…

家でくつろいでDVDを観るのも好きだけど…
ひきずり出される内臓や目玉に木がささるのを
大きなスクリーンで観るのも格別の楽しみだし、
周りの人が意外な場所でウケたりウケなかったりするのをみて
自分なりに分析するのも楽しい。
DVD借りるより高いし、隣に臭い人が座るかもしれないし、
前に座高が高くてボリュームヘアの人が座るかもしれないけど、
大きいスクリーンで色々なゾンビが歩くのが観たいんだ!

お客さんが圧倒的に男性だらけだったので
女性ももっと観に行くといいと思う。
(男性ばかりだとなんか途中から部室みたいなニオイになってくるし…)

今日から始まった「コリン」も絶対に観に行く!

「コリン」予告編。

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。