ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベンダ・ビリリ

コンゴのストリートミュージシャンのドキュメンタリー
「ベンダ・ビリリ!~もう一つのキンシャサの奇跡」を
吉祥寺バウスシアターで観てきた。
一番遅い時間の上映だったせいかお客さんは20人くらい。

ストリートミュージシャンと書いたが
本当に路上で生活しているストリートミュージシャンで
吉祥寺の駅前なんかでマイクを使って歌ってる人たちとは
ストリート度が段違いに異なる。

またポリオのせいで足に麻痺が残ってしまった障害者でもある。
不思議な改造三輪車のようなものに乗って移動していて
たぶん車椅子を買うお金がないだけだと思うけど
洗練とはかけ離れたその三輪車がえらくかっこよく見える。

映画では彼らの困難すぎる生活が映し出されているし
波乱万丈すぎることが起きてしまうのに
(せっかく資金も集まってレコーディングできることになったのに
レコーディング中にバンドのメンバーの住む障害者施設が火事で全焼して
全財産を失ったりする。)
決して悲壮感漂う哀れな感じはしない。

バンドの中心人物のパパ・リッキーの
ちょっと狂信と言っていい位の前向きさがそうさせているのか
豊かな音楽がそうさせているのかわからないけど
観ていると彼らのパワーがこっちにも乗り移ってくるような気がする。

そんな訳で映画のドラマ部分も面白いけど
ライブシーンが素晴らしく良かった。

なんかキューバの音楽みたいだなと思って観ていたら
彼らのホームページに
“コンゴ民族音楽とキューバ音楽が混ぜ合わさったコンゴ大衆音楽
「コンゴリーズ・ルンバ」がベースになっており”
と書いてあった。

彼らの音楽はロマンチックで哀愁があって且つパワフルで魅了されてしまった。
(歌詞は彼らの生活やメッセージなのでロマンチックとは言えないけど…)
特に天才少年ロジェの謎の一弦楽器は面白かった。
そしてヨーロッパのライブで
すっかり青年になっていたロジェの歌声も披露されていたけど
演奏だけじゃなく声もすごく良かった。

(関係ないけどヨーロッパに旅立つロジェに母親が
「ヨーロッパには法律というのがあるからちゃんとしろ」
みたいな忠告をするのが衝撃でもあり笑えるところでもあった。
あとパパ・リッキーが
ライブの後に女性にもてることを想定していたのも笑えた。)

上映時間も短めだったことだし少々尺が伸びても
ライブシーンをもっと増やしてほしかった。
もっと彼らの音楽を聴きたかった。



スポンサーサイト
テーマ:ドキュメンタリー映画 - ジャンル:映画
吉祥寺の駅の並び。
パルコの向かい側のビルの地下に
「カフェロシア」というお店があります。

カフェロシアHP

ランチ(980円)の内容が充実してて
すごく良かったです。

ランチとは別料金になってしまいますが
ロシアンティー(450円)にはバラのジャムがついていて
とてもおいしかったです。
また行きたい。


カフェロシア店内
お店の内装がとてもロマンチックでかわいかった。

ボルシチ
ボルシチ。
ビーツがたっぷり入ってました。
サワークリームを溶かすとコクがでておいしい。

サーモンとピロシキ
サーモンのクレープ(?)包み。
クレープよりも若干厚手で甘い味がしました。
このクレープの甘みとトマトやサワークリームの酸味が
サーモンの旨みと渾然一体となってとってもおいしかった。
奥にはかじりかけのピロシキ。

デザートとロシアンティー
素朴なデザートとロシアンティー。
バラのジャムがおいしかった。

テーマ:ロシア料理 - ジャンル:グルメ
エクスペンダブルズ

筋肉の神様ありがとう、火薬の神様ありがとう、
乱暴の神様ありがとう、ちょう面白い映画でした。

神様の名前ははシルベスター・スタローンといいます。
口のひんまがった個性的な顔の神様で
自分に不利な状況を努力とガッツで乗り越えてきた
たたき上げの神様です。

私は新宿ピカデリーでこの神様のお祭りに参加してきました。
平日の一番遅い回の割には参加者は多かったように思います。
一番大きな部屋だったのでスクリーンも大きくてすごく良かった。


迷わず観ろよ、観ればわかるさ、という潔いストーリー。
バレるネタなどない!
この映画の結末は誰にも言わないで下さい、
なんて小賢しいことを言う必要なんてない。


スタローンとその仲間の仲良し傭兵チームが
一国を相手に殴りこみをするというストーリーです。
ただそれだけです。


男達はとにかく強くて、
自分らの得意技にはちゃんと「死の飛行」(※)なんて
かっこいい(と自分らでは思ってる)作戦名までつけてる無邪気っぷりだけど
女に乱暴するヤツは許さず成敗する男気も持ち合わせてる。
荒っぽいんだか純粋すぎるんだかわからないけど気のいいやつらだ。
当然だがなよなよと体が細くて
おしりがぺっちゃんこの男は一人もいない。
(背の低い男は一人出てくる…。
でもそいつは残虐マーシャルアーツの使い手だ。)

その男達がとにかく敵をやっつけまくって
色々なものを豪快に爆破しまくる。
(近年の映画の中では火薬の量ナンバー1なんじゃ?)


アクションシーンのカットが細かいわりに
男の顔のアップが多かったのが印象的だった。
勿論、男達の毛穴は全開で
ケーシー高峰寸前といった趣だった。

ミッキー・ロークも女のためにギターに絵を描きながら
(そんなことをされても喜ぶ女は少ないと思うけど、そこがいい)
戦場でのトラウマを告白。
結構一人でずっとしゃべってるけどずっとアップ。

スタローンもどアップで自分の瞳の中に炎を映す演出をやってのけた。
他のシーンでは敵に首を絞められて
顔が真っ赤になって血管が浮き出て口がもっと曲がってぶんぶくれの自分の顔を
堂々とスクリーンに映し出したりもしていた。


話題になったシュワのカメオ出演は、まあ楽しめたけど
シュワのじいさんっぷりに驚いた。
元々ぎこちない動きの人だったけど
あの歩き方を見たら、もうアクションはできないなとわかって
ちょっぴり悲しい気持ちに…


最後にスタローンがヒロインとキスしなかったのも
まるで寅さんのようで良かった。
一瞬、小林旭の「熱き心に」の一節
「くちびるに触れもせず 別れた女(ひと)いずこ」
のメロディが頭の中で流れた。

続編が作られるらしいから
その時は是非ジェット・リーの恋もようも描いてほしいです!

他にもドルフ・ラングレンがホモみたい、とか
ドルフ・ラングレンとジェット・リーの対決はそれだけで映画1本できるよ、とか
ジェイソン・ステイサムのこと好きって言ったら
みんなにバカにされそうで言えなかったけどやっぱり好き、とか
でも最後のあのリリックはないよ、ジェイソンだからかわいいけど、とか
話のつきない映画でもあります。


あと、映画のプログラムがたくさん読むところがあって
お得な気がした。
特に杉作J太郎と怒髪天の増子直純の対談は面白かった。


※この「死の飛行」作戦は最高!
完全に頭のイカレた人間しか思いつかないし
やってみようと思わないと思う。
テーマ:アクション映画 - ジャンル:映画
めん弥

吉祥寺のヨドバシ裏にある
「みそつけ麺 めん弥」というお店で
みそ醤生姜つけ麺を食べました。

これがとても美味しかったです。
麺は表面がちゅるんとしててのどごしが良くて
且つコシもあって、それだけで美味しく感じました。

スープも生姜が効いてて好みの味でした。
油ギトギトじゃなくて、しょっぱくないので
食べ終わったら喉がカラカラなんてことにはなりませんでした。
具のチャーシューがしょっぱかったのは残念だけど
カイワレはピリっとしてて合うな~と思いました。

最後にスープ割りをしてもらって
それもすごく美味しくて全部飲んでしまった。
(ランチでは無料でスープにごはんを入れてくれるそうだけど
お腹いっぱいだったので断念した。)


実は…
つけ麺屋という以外に全く予備知識なしで飛び込んでみたら
「トムヤムつけ麺」とか「四川風つけ麺」とか
個性的なメニューが多くて戸惑ってしまって、
しかも「まず麺だけを2~3本そのまま食べて下さい」みたいな
口うるさい感じの張り紙がしてあるし、
更に追い討ちで店主のおじさんに「初めてですか?」とか話しかけられて
「これはやばい店に入ってしまったかも…」と
ドキドキしながら食べたのでした。

食べログを見てみたら
接客についてかなり辛辣なことが書いてあったけど
私は女だからか口うるさくされなかったし
すごく美味しかったからまた行きたいです。
(次はトムヤムスープで釜揚げの麺とやらを食べてみたい。)

もし先に食べログを見てたら、絶対に行かなかったと思うので
たまにはリサーチなしで飛び込んでみるのもいいもんだ!と思いました。


食べログでは酷評されてます…
私って味覚がおかしいのかもしれない…

テーマ:つけ麺 - ジャンル:グルメ
ガフール

バルト9で夕方の回に鑑賞。
あまり人気がなさそう…と思っていたけど
家族で来ている人が多くて小学生がたくさんいた。
若いカップルも少しいて
7割位は席が埋まっていたもよう。

フクロウ同士がしゃべる映画ということで
きっと「銀牙伝説ウィード」(※)のような
熱い漢たちの物語なのであろう…と
胸をときめかせて観に行った。

【ストーリー】
父の語る“ガフールの勇者たち”の伝説に
夢中になる正義感の強い若きフクロウ、ソーレン。
ある日彼は、兄と共に謎の一味にさらわれてしまう。
それは“純血団”という、自分たちメンフクロウこそ最も優れた種族と信じ、
王国の支配を目論んでいる排他的な悪の集団。
ガフールの勇者たちは、この一味の陰謀を阻止すべく
長年に渡って戦い続けていたのだった。
親友のジルフィーと共に何とか純血団のもとを脱走したソーレンは、
王国の危機を知らせるため、
ガフールの勇者たちが住んでいるとされる神木を目指すのだが…。
(allcinemaより)

ストーリーはサクサク進む感じで
伝説の勇者が住むという神木なんかも
わりあいあっさり見つかっちゃう。
原作の要素を圧縮した感じがした。
妹の病気ってどんな治療したの?とか
どうゆうしくみで金属は悪さしてるの?とか
両親はお兄さんのこと気にしないでやけに幸せそうだな、とか
気になるところがなくはなかったけど
兄が悪に染まっていくところや
老フクロウが実は…というくだりは面白かった。

そして、すっごく画像が素晴らしかった!!
ちょうかっこいい!
飛ぶところ最高!戦うところ最高!

スローモーションでとてもかっこいい構図のかっこいい絵を見せて
ためてためて、ズバーーンと絵の動くスピードを上げる手法で
(なんて呼ぶのだろうか?この手法は?)
とにかくかっこよかった。

本当にジョジョの擬音みたく
「ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」
って文字が後ろに書いてあるんじゃないか?と思うような
大迫力、且つエモーショナルな飛行シーンは
鳥肌が立つ程かっこよかった。

嵐の中の飛行シーンや美しい神木のシーンなどは
3Dで観て良かったと思う。

あと、お友達になる小さいフクロウがかわいかった。
主人公はちょっと変な顔。
(どうでもいいけど主人公の名前のソーレンって
ヤーレンソーレン北海道を思い出す。)

吹き替えしかやってないところが多くて
嫌々吹き替えで観たけど
期待値が異常に低かったせいか
あまり気にならなかった。
むしろ劇場で永井一郎の声が聞けて幸せだった。

隣の席にいた小学生の男の子も上映後に
「すっごく面白かった!」とお父さんに話してて
ほほえましかった。


※銀牙伝説ウィード
公式ホームページ
かっこいい壁紙を手に入れることができます。



かっこいいオープニングテーマ曲。
当時、暗記する程聞きまくって歌いまくっていた。
テーマ:アニメ - ジャンル:映画
REDLINE

「TSUNAMI」とハシゴして吉祥寺バウスシアターで鑑賞。
一番大きい部屋だったのに
夜の回で雨も降っていたせいかお客さんは20人位だった。

制作に7年かかったとか全て手書きとか
すごいとは思うけどつまらなかった。

このREDLINEの世界がどんな世界なのか
わかるようでわからないし
ギャグでやってるのかこの世界では普通なのかわからないし
登場人物も個性が豊かそうに見えて何も描かれないし…
(ちらしには主人公が「ウルトラ純情野郎」って書いてあったのに
ごく自然に女性に近づいたりしちゃって
とんだナンパ野郎に見えた!)
結構、映画の冒頭から置いてけぼりを食らってしまって
編集のリズムも違和感だらけで
最後は唖然として終わった感じ。

もしかしたら
ストーリーよりも絵のかっこよさを追求した作品だから
そんなこと言うのは野暮!という考え方もあるのかもしれない。

でも7年かけて作ってる内に古くなっちゃった感じのデザインや
(敵?が作戦会議してる部屋とか、マシンとか)
派手な画面にしようとしてるっぽいけど
肝心の絵の動きがイマイチでスピード感がなかったりするところや
絵の面でもイマイチだった。

時間と予算がないTVアニメとかで
その他大勢みたいな人が同じ動きをピコピコ繰り返すやつがあるけど
この群集の動きがまさにそれで驚いた。劇場公開作なのに!
もしわざとそういう動きをさせたのだったら
そのセンスがダサい、またはうまくできてないと思った。
テクノのPVなら合うかもしれないけど
これは劇場公開の長編アニメだから変。

あと同じキャラクターソングを違うシーンで2回も使ってるのが
かっこ悪かった。
TVアニメだったら許されると思うけど…

それと私は世間が嫌ってる程キムタク憎しの気持ちはないけど
映画の主役の声優には起用しないほうがいいと思う。
ハウルの動く城の時にも思ったけど
木村拓哉、というかキムタクがしゃべってるようにしか感じられないので。

蒼井優はちゃんと変身してたと思う。

「エアカーが走る未来を舞台に、
レーサーたちが宇宙最速の座を懸けて
ルール無用のデッドヒートを繰り広げる」
という設定はすごく楽しいのに残念でした…

テーマ:アニメ - ジャンル:映画
ツナミ

吉祥寺バウスシアターで鑑賞。
雨が降っていたせいかお客さんは私を含めてたったの6人。


当然、津波が来る映画なんだけど
その津波が来るまでが長い。
でもそこが良かった。

津波が来てしまう海辺の町にいる人たちの群像劇で
昔から好きなのに訳ありで想いを伝えられないでいるボンクラ男(マンシク)と
そいつの告白をずっと待っている女(ヨニ)、
すれ違いから離婚してしまった夫婦、
勝気な女の子と純情な男の子の若いカップル、
定職にもつかずブラブラしてる男とそれを案じる母親、などなど
どれもよくある設定だった。

それなのに、観ている内にどんどん引き込まれて
最終的には各登場人物にかなり感情移入してしまった。

特に応援していたのは
やっぱり一番主役のカップルのマンシクとヨニ。

このマンシクが本当にばかで心優しくて不器用な男の顔をしていて
観ているとなぜか応援してしまっていた。
この役者さんに限らず顔が役にあってる配役が多くて
ヨニの性格の悪い幼馴染の顔や
メガ津波の発生を警告し続ける地震学者の顔も良かった。

ヨニ役の女優さんもとても美しくてかわいらしくて
男性はみんな恋しちゃうんじゃない?と思った。

それにマンシクの弟のかわいい顔の男の子と
勝気な女の子のラブストーリーもありがちなのに楽しかった。
その女の子の登場シーンでは
水着で胸の谷間を見せたりサービス精神が見受けられて
そこも良かった。

若干ぬるま湯的に登場人物たちの人生を見守っていただけに
津波が来た時のショックたるや…!
完全にみんなのことを応援していたので
「みんなの幸せを壊さないで!」と本気で祈りながら観ていた。

途中で助かりそうになかった人が助かったりしたので
「あ、もしかしてこの映画は重要人物は死なない系かも!」と
一安心した時もあったけど…
そんなに韓国映画は甘くないのだった…


大破壊映像だけが観たい人はがっかりするかもしれないけど
思いっきり登場人物に愛着を持たせてから
津波を来させるほうが私にとってはショックが大きかった。

最近の映画なのに昭和っぽいところも気に入った。
テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。