ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吉祥寺にある紅茶のおいしい喫茶店「G clef」で
モーニング食べました。

紅茶はポットサービスで、
種類もアッサム、アールグレイ、本日のダージリンなど
確か7種類位から選べました。

そして厚切りトーストはおかわり自由で、
ジャムもその都度、選べました。

ジャムの種類も、ストロベリー、ブルーベリー、マーマレードなど
7種類位あったと思います。
私はジンジャーのジャムを選択。
想像してた程、生姜が主張してなくて食べやすい。

しかも嬉しいことに、
モーニングセットは紅茶とトーストだけだと思っていたら
ゆで卵もついてた!

そして525円という良心的な価格設定。
これは完璧なモーニングと呼んで差し支えないのでは!?

ジークレフモーニング
※トーストはかなり厚切り!
欲張っておかわりして、2枚食べたらお腹がぱんぱんに!
男性でもおかわりなんてしてなかった…

ジークレフのブログはこちら

ジークレフスコーン
※前にスコーンを食べた時の写真。
小ぶりでふわっと軽いスコーンだった。
美味しかったけど、どっしりしたのが好きな人には物足りないかも?
スポンサーサイト
テーマ:カフェ - ジャンル:グルメ
fringe

ファーストシーズンを半分観終わった。

FRINGE SCIENCE = 非主流科学、擬似科学という意味らしく、
要は胡散臭いエセ科学みたいなやつを利用して、
主人公のFBI捜査官オリビア・ダナムが、
天才科学者ウォルター・ビショップ、ピーター親子と一緒に
奇妙な事件を解決していく…というお話。

飛行機の乗客が全員体が溶けて死んだり、
グロい生き物が心臓に寄生したり、
壁をすり抜けて泥棒したり、
毎回ありえない奇妙な事件が起こって、
それを一応理論のあるオモシロ科学で解決するのが楽しい。

また登場人物のキャラクターも楽しい。
私は変人天才科学者のウォルターが特にお気に入り。
空気を読まない発言とか、
嬉々としてイモ虫にLSDを与えてたかと思えば
突然ピーターの良き父親のような発言をしようとしたり、
段々かわいいやつに思えてくる。

名探偵モンクも大好きなので、
変人が謎を解く話が好きなのかも?

劣化したレオナルド・ディカプリオのようなルックスのピーターも
いつもオリビアのことを助けようとしてくれて、実はいい奴。
ウォルターにオリビアのこと気にしてるだろ的なことを言われた時の
中学生ぽい反応も、私的には合格!

主人公のオリビアは…美人てことになってるようだけど、
ヒラメ顔というか…アメリカでは美人なのだろうか…
でも追い詰められた状況が似合う顔なので役に合ってるとは思う。

一応、一話完結なんだけど、事件はつながっているし、
登場人物にも謎があるし、続きが気になる…

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ
DISTRICT9

大満足です!
本当に面白かった!

実は台湾に行った時の飛行機の中で観たのですが、
これは絶対大きい画面で観ないともったいない!と思って、
途中までで我慢した甲斐がありました。

観に行ったのは新宿ピカデリーの300席位の部屋で、
ほぼ満席でした。

南アフリカ・ヨハネスブルグの上空にいきなり宇宙船がやってきたけど、
乗っているエイリアン達は栄養失調で衰弱しきっていたので、
とりあえず政府が保護することに…
というところから話は始まります。

20年後、エイリアンの居住区(DISTRICT9)はスラム化して、
人間の反エイリアン感情の悪化や治安悪化が問題になったので、
政府はもっと遠い地区にエイリアンを移動させることにします。
その事業を請け負った企業に勤めていて、
立ち退きプロジェクトの責任者に抜擢されたのが
主人公のヴィカス。

武装して傭兵たちとエイリアン居住区に赴き、
エイリアンから立ち退きの同意書のサインをとってまわる仕事中に
うっかり謎の液体を浴びてしまってから、体に異変が起きて、
ヴィカスの片手がエイリアンの手になってしまった…!

これが、開始早々の展開です。
冒頭からドキュメンタリーぽく、
事件を振り返る関係者たちの証言シーンで語られるので、
証言者たちはこの話の結末を知っているはずなんだけど、
肝心なことは勿論明かされず、
この後、この話はどう転がっていくんだろう?
ヴィカスはどうなるんだろう?
と、思わず話に引き込まれます。

エイリアンの知能が全体的に低くて、
なぜかキャットフードに夢中なところは笑えるし、
黒人ギャングにみじめに搾取されてる設定も
妙なリアリティがあるし、
悪い奴じゃないけどマヌケなヴィカスのキャラクターも
あの顔にぴったり。
非日常的なSF要素のとなりに、
妙にマヌケなことやありそうなことが積み重なって、
この映画の世界に違和感なく入れます。


【以下ネタばれがあります】

続きを読む
テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画
シャーロックホームズ

つまらなくはなかったけど、ちょっと残念でした。
でも、ムキムキのホームズがアクションで大活躍みたいな前情報に
私が期待しすぎていたせいだと思います。

観たのはバウスシアターで、
土曜の昼間の回。
お客さんは4割位入ってました。

ちなみに私は一度も原作を読んだことがないので、
原作と違うキャラ設定と言われても、全く抵抗なしです。

一番の不満は、あんまりカチャカチャしないで、
ど真ん中なアクションが見たかったこと。
私の感性が昭和感覚なので、
あまりにも速く画面が切り替わりまくると、
もっとちゃんと見たい!と欲求不満になってしまうので…

あと、最後に謎に対する怒涛の種明かしをしてくれるんだけど、
もっと気の利いたタイミングでやってくれたら、
もうちょっとかっこよかったのに…と思います。
種明かし自体はたいしたことないんで…

終わり方も、結局黒幕とは対決してないのに、
戦いはこれからだ!的な終わり方をして、
そこもモヤモヤしてしまった。

でも、キャラクターは面白かったです。
ロバート・ダウニー・Jrの変人ホームズは好き。
ジュード・ロウも色気があって、初めて素敵だと思いました。

そして、ホームズがワトソンの結婚を邪魔しようとしたり、
なんとなくホームズとワトソンの間にBL臭が漂っていて、
普段そういう趣味のない私でも、
ちょっと嬉し恥ずかしな気分を味わいました。
BL好きの人の気持ちがちょっとだけ理解できたかも??

それとちょうくだらないけど、
ロンドンに行ったことがあるので、
建設途中のロンドンブリッジとかが出てくると、
ここ私も行った行った~!と嬉しくなりました。
テーマ:シャーロックホームズ - ジャンル:映画
まだ満開になる前の桜。
実はお墓の桜です。

墓荒らしだと思われたらどうしよう…
と思いながら撮りました。

月と桜
テーマ:桜のある写真 - ジャンル:写真
あっという間に最終日です。

空港に行く前に免税店に連れて行かれるので、
9:30にお迎えがホテルに来てしまいます。

なんとか朝ごはんを食べてやろうと、
タクシーに乗って豆乳屋さんへ。
ただの豆乳ではなくて、豆乳が半分固まったような中に
ネギや揚げパンが入った食べ物です。

豆乳
※漢字が出てこないので、正確な名前が表記できないけど、
ガイドブックには絶対載っている食べ物。
ヘルシーな感じ。おいしい。

前回食べたお店はラー油が強かったのですが、
ここのはもっとマイルドでした。

豆乳のなべ
※大きなお鍋に豆乳が入ってる。
若いお兄さんが切り盛りしていました。
日本語は全く通じなかったけど、
何も問題なく食事できました。

ホテルから近いお店だったので、
歩いてホテルまで戻ることに。

ホテルがある道のの一本裏の通りがなんだか賑やかなので、
ふらりと行ってみたら、朝市でした!

完全に地元密着な朝市で、
人もたくさんいて活気があって、
すごく楽しかったです!
野菜、お肉、魚、お菓子、など、なんでも売ってました!

台北朝市野菜
※野菜は大きくておいしそう。

台北朝市魚
※魚の種類もたくさん。

台北朝市鶏肉
※鶏肉はかなり新鮮なはず。
ちょっとショッキング?

思いがけず楽しい朝市に行くことが出来て、
更に欲張ってフレッシュジュースを探したりしていたら、
時間がギリギリに!
しかも時間前にお迎えが来ていて、
同じバスに乗る他の人を待たせてると、
ちょっと怒られてしまいました…
(勿論、同じバスの人たちには謝りました。
笑って許してもらえて良かった…)


連れて行かれた免税店で、うっかり少し買い物をしてしまったのですが、
本当にここで買うのはオススメしません。
空港の方がたくさん商品があって選べるし、
また空港の受け取りカウンターは長蛇の列で、
しかも時間になっても買ったものが空港に届かなくて、
あと10分、あと10分と無意味に待たされてしまって、
本当に最悪でした。


空港の足裏マッサージは上手だったので、オススメです。
マッサージしてくれるのが視覚障害がある方だったので、
目がよく見えない分、手の感覚が鋭くて、
マッサージが上手なのかな…?とも思いましたが、
たまたま上手な人だっただけなのかもしれません。
但し、料金は街中よりも少しだけ割高です。


本当に駆け足の旅行だったので、
今度は3泊くらいして、台北だけじゃなく、
温泉とかにも行ってみたいな。
テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。