ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇都宮出身の友達に餃子をもらいました。
まさしというお店の餃子です。

まさしの箱
※箱が昭和でカワイイ。

まさしは、宇都宮の餃子の中でも
特に人気のあるお店のようです。

ネットで検索したら、お店のレビューもたくさんありました。
↓これが詳しくておもしろかったです。
やまけんの出張食い倒れ日記

羽をつけようとか余計なことはせず、
箱の裏に書いてある焼き方に忠実にやります。

ゴマ油を熱して、
冷凍のままフライパンに並べて、
すぐに熱湯をかけて、フタをして、
そのまま強火にかけて、
水がなくなったら出来上がりです!
ちょうカンタン!

でも、箱の裏には書いていなかったのに、
焦げ目がカラっとなるように、
私は、最後の仕上げはフタをあけてました。

出来上がった餃子は…とっても美味しかったです!
サイズも大きめで、野菜が多くて、香りもいいし、
皮もパリっと軽くできて、大満足でした。

まさしの餃子
※あんまり美味しそうに撮れなかった…
上手な写真の撮り方の本でも読んでみようかな?

11個焼いて一人で平らげたのですが、
多分一人で30個位食べれる気がします…
てゆうか食べたい…
スポンサーサイト
テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ
もう1週間経ってしまいましたが、
ビヨンセが第52回グラミー賞の年間最優秀楽曲を含む
6部門を受賞しました。

「シングル・レディース」で年間最優秀楽曲賞と
最優秀女性R&Bヴォーカル・パフォーマンス賞と
最優秀R&Bソング賞というのを受賞しているそうです。

「シングル・レディース」といえば、
アルバム「アイ・アム… サーシャ・フィアース」についていた
DVDの特典映像みたいなのに、
一般の人がPVをまねて踊る映像が少し映っていて、
みんな上手で楽しそうで、
すごくいいなと思っていたのですが、
ダンス・ビデオ・コンテストをやっていたようです。
(ちなみに、もう1年位前の話です。)

youtubeでも、検索すると一般の人が踊る
「シングル・レディース」がたくさん見れます。

男性もプリプリと楽しそうに踊っていて、
その中でも特に目を引いたのが、この人たちです。
絶対プロだと思うけど、すごく素敵です!



こちらが、元々のPVです。
ビヨンセかっこいい!


テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽
レスラー

映画館で見逃してしまって、
DVDになったら絶対に観ようと思っていた「レスラー」。

プロレスのことはあまり知らないので
絶賛している人達の声とも若干距離を感じていたのですが、
そんな私でも映画の最後は涙が止まらなくなって、
翌日も思い出して泣いたりしてしまいました。

80年代にはスターだったプロレスラーのアンディも、
今では、一人でトレーラーハウスに住み、
スーパーのアルバイトをしないとその家賃も払えない生活だが、
それでも、仲間達には慕われて、プロレスラーを続けている。
でも、年をとったのと、多分ステロイドの副作用で、
心臓発作をおこして倒れてしまい、
もう激しい運動ができない体になってしまう。
プロレスを引退して、今まで省みることのなかった娘とも仲良く、
スーパーの惣菜コーナーの仕事も一生懸命やって、
普通の幸せな生活を送ろうと、一度は思ったアンディだが…
というストーリーです。

アンディは、レスラー仲間にもファンにも慕われてるだけあって、
すごく気のいい奴。
自分を放っておいたアンディを憎んでいた娘とだって、
心をこめて説得したら、わりとすんなりいい関係になれそうだったし、
スーパーの仕事だって自分なりに楽しくこなせそうだったし、
行きつけの店のストリッパーもアンディには心を許して、
ただのお客さん以上の感情を持つようになっていました。
幸せになる能力は充分持ってる。

なのに、普通の人なら我慢するような躓きで、
自暴自棄になって、うまくいきそうだった全てをぶち壊してしまう。
本当にばかでまぬけな男。
我慢の足りない、弱い男。
それだけプロレスが自分の全てだったのかもしれませんが、
近くにいたら大迷惑間違いなしです。

なのに、なぜか私は不思議な愛情を持って、
アンディの選択を見届けていたのです。
どうか、アンディの魂が自由な世界に飛び立っていますように、と、
祈らずにはいられないのです。

とりあえず、この映画から学んだ女の教訓としては、
大切な男の試合は最後まで見てやれ、です。

で、どうでもいいことなんですが…
本名のロビンと呼ばれるのをアンディはひどく嫌がりますが、
日本にはロビンマスクという有名超人レスラーがいるので、
私的には、プロレスラーらしい名前だな、と思いました。
あと、ジェロニモみたいなベストを着ててかわいかったです。

あと、本当にどうでもいいけど、
アンディが日焼けサロンで下着のパンツと靴下を履いて
日焼けマシンの中に入っていたのに、
おしりに注射する時のおしりが日焼けしていて、
なんでだろう?と思いました。

それと、試合の前にレスラー同士で打ち合わせをするのですが、
それがすごくアットホームで心温まる光景でした。
人が寝ている上に、ロープの上から飛び降りたり、
プロレスはすごく危険なことをしているので、
ちゃんと信頼しあっている仲間じゃないと、
危なくてできないんだなと思いました。

でも、体に針が刺さったりして、
それは痛みを我慢するしかないみたいで、
本当に好きじゃないとできない仕事だと思いました。



キルショット

で、もう一本が「キル・ショット」です。

映画の存在自体を全く知らなくて、
レンタル屋の新作コーナーで見かけて、
ミッキー・ローク主演で、原作がエルモア・レナード、
ジャケットが爆発しててかっこいいな、
という理由で、借りてみました。

感想は…なんか…もったいないというか、
もっと面白くなるんじゃないの?この話、
って思いました。

ミッキー・ロークも雰囲気はあるんだけど、
台詞が空回りしているというか、
結局、何がしたいのかよくわからなかったし、
ジョセフ・ゴードン=レヴィットも、
(今調べたら『(500)日のサマー』の人なの!?全然違う!すごい!)
見ていてひたすら嫌気のさすかわいげのないやつだったし、
他にもダイアン・レインやロザリオ・ドーソンとか、
すごく豪華なキャストが出演していたのに、
すごくもったいないです…

それと、ジャケットでは、
大爆発を背に振り向きもせずクールに立ち去る二人…
なんですが、勿論そんなシーンもなく、
映画の中ではそんなに爆発してなかったです。
お金があまりなかったのかもしれません。
テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。