ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かいじゅうたちのいるところ

吉祥寺のバウスシアターで観てきました。
日曜日の夕方の回で、ほぼ満席でした。
といっても、座席数50席の小さい部屋での上映だったのですが。

かいじゅうたちをCGではなく、
着ぐるみで再現するらしい、という情報を聞いて、
それを楽しみに観てきました。

CGを否定するつもりはないのですが、
例えば、ヨーダはぬいぐるみ時代の方が大好きで、
本当にそこにいるような質感があったので、
怪物をぬいぐるみで作るなんて聞くと、
その男気たるや良し!という気持ちになってしまうのです。

期待通り、かいじゅうたちは大きくて、
デザインもすごく良いし、よく動いて、最高でした。
じゅうたんみたいな毛がわしわしして、
森で遊んだらちゃんと枯葉が毛にからみついたりしてて、
本当にダニが住んでそうで、すごく良かったです。

みんなで遊ぶシーンでは、
かいじゅうが大きいジャンプをしながら
ハンドボール選手のように泥ダンゴを投げたり、
ジャンプして穴に落ちる時に明らかに頭を打っていたり、
「ぬ、ぬいぐるみが…こ、壊れる~!」と
こちらが心配になるほどの大暴れでした。大満足。
中の人たちは大丈夫だったのかしら?

キャロルの頭
※私も乗りたい!

この映画のストーリーは、原作の絵本に、
ほとんど細かいエピソードがないので、
原作の流れを踏襲して、ふくらませた感じでした。

お姉ちゃんは自分よりも友達が大事そうだし、
優しいお母さんも恋人が家に来たら、自分に構ってくれない…
自分の思い通りにいかなくて、誰もわかってくれなくて、
感情が抑えられなくなって、家でめちゃくちゃやっちゃったら、
とうとうお母さんにひどくしかられてしまった。
お母さんの恋人まで、自分のことをディスった!(むかつく!)
傷ついたマックスは、家を飛び出して、
船に乗って、いつしかかいじゅうの島にたどりつく。
最初、かいじゅうたちに食べられそうになって、大ピンチだったけど、
いつも自分が空想していたようなでっちあげの冒険譚を話したら、
かいじゅうたちは信じたようで、そこで王様になることに…
勿論、最初の命令は、かいじゅうおどり!
でも、楽しいことだけの日は続かなかった…
というお話です。

主人公の男の子のマックスもすごくかわいかった。
満足した時や泣いている時の子供らしい表情もすごくかわいいし、
同時にすごく繊細な感じもあってよかったです。
かいじゅうの島に行く前のシーンで、
自分が作ったかまくらみたいな雪の穴を
お姉ちゃんの友達が壊しちゃって、
一瞬前まではすっごく楽しかったのに、
急転直下で台無しになって、わんわん泣いちゃう感じとか
わかるわかる、って切なくなってしまった。

音楽も良かったです。
サントラ買おうか迷ってます。
それとかいじゅうのフィギュアかぬいぐるみも欲しいです。
スポンサーサイト
テーマ:かいじゅうたちのいるところ - ジャンル:映画
健康診断で大久保に行ったので、
いっちょ本場の(?)韓国料理でも食べてから会社に行くか!
ということで、健康診断後、大久保駅前で
「大久保 韓国 ランチ」
でググって見つけたお店「ハンヤン」に行ってきました。

韓国料理屋さんでは、
オーダーしたもの以外に、更に前菜というかおかずがつきますが、
ここはお豆腐とキムチ2種類でした。
お茶はトウモロコシのお茶。

キムチとか
※お豆腐、食べかけです。
せっかく写真撮るならもっときれいに並べればいいのに、
食べることに夢中で、無意味にスプーンとか写っちゃってます。

このお豆腐の薬味だれがすごく美味しかった!
あと、甘い味付けの白菜キムチが私はあまり好きではなくて、
ここの白菜キムチがちょっと甘い味付けで、
口に入れた瞬間、
「あ、甘い系のやつだ…まぁしょうがないか…」
と、一瞬がっかりしたのですが、
「ん…?あれ…?なんか、うまい…?
うん、うまいよ、なんだこれ、おいしいじゃん!」
と、5秒位で評価が逆転したのでした。
結局、仕事前だったのに、
どっさり出てきたキムチを全部食べてしまった…

ランチメニューに、参鶏湯があって、
それとすごく迷ったのですが、
参鶏湯はお店によって当たり外れがあるような気がして、
どこの店でも安定しておいしいと思われるユッケジャンを
オーダーしました。
(後からネットで調べたら、参鶏湯もおいしいみたいでした。)

ユッケジャン
※すっごい湯気が出てたんですが、上手に撮れなかった…

ぐらぐら煮えた状態で出されたユッケジャンは、
辛くて具沢山でおいしかったです。
ご飯ももっちりおいしく炊けていて、
このご飯とキムチだけでも充分なくらいでした。

これで780円はちょう安いと思います。
普段、勤務先の恵比寿ガーデンプレイスで、
安くなくおいしくもないランチを散々食べさせられている身なので、
かなり感動しました。

今度は是非夜に行ってみたいです。

大久保・ハンヤン(ぐるなび)
テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ
マッハ2

トニー・チャーの最新主演作「マッハ!弐」を観てきました。
東京での公開は、新宿シネマスクエアとうきゅうだけで、
ちょっと寂しい規模です…
土曜の夕方5時からの回で、席は7割位埋まっていました。

トニー・チャーの失踪騒ぎなどがあったので、
映画の出来を少し心配していたのですが、
アクションはすごく良かったです!
今回はムエタイではなく、
酔拳などのカンフーも観れるし、日本刀捌きも観れるし、
紐の先にくないみたいなのがついている武器(名前知らない)や、
タイ舞踏まで披露してくれました。
特に後半のアクションに次ぐアクションが素晴らしかったです。

前半の走っている象の背中から背中に飛び移る、
なんか…スゴイ!!でも…意味がよくわからない…!!というシーンや、
本当のワニと戦わせているのではないか?と別の意味でハラハラする
泥水の中でワニと戦うシーンも面白かったです。

ただ…ストーリーなんてどうでもいいかも知れないけど、
今までの「マッハ!!」「トムヤムクン!」と比べても、
ちょっとめちゃくちゃすぎだったかも…

幼馴染の女の子とのエピソードをちゃんと回収しないなら、
全部カットして、もっとトニー・チャーの大暴れを見せてほしいし、
それでなくても、成長したその女の子のタイ舞踏のシーンは長すぎでした。

あと回想シーンをなぜか分けて挿入しているのも、
同じシーンが重複しすぎて、観ていて不安になりました。
育ての親が実は…っていうのも、いらないサプライズでした。

でも、じゃあ、この映画つまらなかったか?嫌いか?というと、
私は好きだし、アクションシーンはすっごく面白かった!
日本刀だけはちょっと似合ってなかったけど、
武器を華やかに使いこなしていたし、
やっぱり素手での闘いが美しさを感じてしまう程かっこいい!!です。
それに、ジャッキーのコミカル酔拳とチャーのシリアス酔拳が闘ったら?
などの妄想がふくらんで、楽しいし、
もっともっとトニー・チャーのアクションを観たい!
というワクワクした気持ちになってしまいます。

だからトニー・チャーには、
トラブルに負けないで、たくさん映画に出演してほしいです!
私はずっと観に行きますよ!
テーマ:アジア映画 - ジャンル:映画
ブルーチーズを持て余してしまっていたので、
料理に使ってみました。

クックパッドを斜め読みして、適当に作ったレシピは以下の通り。

※クックパッドは、すごく便利だと思います。
材料で検索できるし、
同じ料理でも色々な人がレシピを公開しているので、
しっかり作るバージョンも、簡易版バージョンも、
その時の状況にあわせて、選べます。

①ニンニクをオリーブオイルで軽く炒めて、
ブナピー(ホワイトぶなしめじ)とまいたけを入れて炒めて、
③クリームを入れて、ちぎったチーズを入れて、
④塩と胡椒をふって
⑤茹でたペンネを絡めて、出来上がり!

ペンネ
※なんか色がない…そして大盛り。


すごく簡単だったけど、写真見るとおいしくなさそう…
決しておいしくないことなかったけど、
ベーコンも入れれば良かった…
ブナピー入れた後にワイン入れれば良かった…
見た目地味すぎだから、最後に緑の何かを乗せれば良かった…
と、ちょっと後悔しました。
テーマ:パスタ - ジャンル:グルメ
martyrs

【あらすじ】
1970年初頭のフランス。
行方不明となっていた少女リュシーは監禁場所から命からがら脱出し、保護される。
性的な虐待はなかったもののその身体には無数の生傷。
結局犯人は見つからず、養護施設に収容されたリュシーは激しいショックから心を閉ざすも、
同じ年頃の少女アンナの献身的な支えによって少しずつトラウマを癒やしていく。
しかし15年後、猟銃を手にとある屋敷へと向かったリュシーは、
和やかに食卓を囲んでいた一家を惨殺する。
他ならぬ15年前の復讐を成し遂げた彼女は、電話でアンナを呼び出す。
あまりの惨状を目の当たりにしたアンナは、リュシーの正気を疑い始めるが…。
(allcinemaより)


フランスのすっごく怖いホラー映画、と思って、
ほとんど詳しい前情報なしで、この映画を観たら…
私の好きな感じのホラー映画じゃありませんでした…

すごくちゃんと撮られてるというか、
アートっぽくて、オリジナリティがあって、
展開が読めなくて惹きつけられるし、
(上記のあらすじが、大体映画開始から、
10分以内位?で一気に語られる!スムーズ&スピーディ!)
女優さんたちも本当にがんばってたと思うし、
本当にすごいと思うんですが、
私は好きじゃなかった…

救いがなさすぎて、娯楽性が薄くて、
私がホラー映画って思ってる映画とは、
全然別の種類の映画みたいでした。

最初は主役が女の子二人だから、
ガールズパワーで敵をやっつけるぞ!
みたいな話だったら、たぶん私は好きだったかな…
デス・プルーフみたいな…

結局、二人の精神的な結びつきがあったから、
アンナは極限の苦痛になんとか耐えることができたけど、
耐えた果てに何もないのがつらすぎます。

でも、最後とか、本当にひどい外見になるのに、
女優さんがちゃんと演じててすごいな、と思いました。
女優魂だ!

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画
ずぅっと前に友達がおいしい、と言っていた
西武新宿駅のすぐ近くのラーメン屋「ザボン」に、
初めて行きました。

全体的に私はすごく気に入りました!
行ってみて良かった!

ラーメン・ザボン
※小さいサイズのラーメンです。
サイズ小の割りには、量は多めだと思いました。

気に入ったところ・その1
とんこつスープで、キャベツがのってるところ。
今はもうなくなってしまった吉祥寺の天文館ラーメンが
私は大好きだったのですが、
そこと同じで、キャベツがのってました。
あと、しいたけがのってるのも変わってるなと思いました。
スープもマイルドでおいしかったです。

キャベツととんこつスープの組み合わせはおいしいので、
みんなやればいいのに…と思います。

気に入ったところ・その2
サイズが選べるところ。
飲んだ後にラーメンが食べたくなって行ったので、
小さいサイズのラーメンを食べました。
大きさが選べるのはすごくいいと思います。

ただ、小さいサイズでも700円以上したので、
ちょっと高いと思いました。
(普通サイズは800円代だったと思う。)

気に入ったところ・その3
注文してすぐに出てきたところ。
ラーメンは、さっと出てくるのが好きです。
さっと出てきて、さっと食べて、さっと帰る、
というのが、東海林さだお的な意味でかっこいいような気がするので。

気に入ったところ・その4
席はカウンターだけのとても小さいお店で、
小さいテレビがあって、
私はあの雰囲気も好きです。
恵比寿のあふりみたいなおしゃれな感じのラーメン屋さんも好きだけど、
テレビがあるようなきさくな感じのお店の方が
気楽で私は好きです。
テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。