ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
門前仲町の深川まごろくで
焼き鳥を食べました。

焼き鳥も美味しくて、
お店の人もつかず離れず親切で、
居心地のいい良いお店でした。

特に、ハツが刺身も串も両方美味しかった。
あとネギも!
すだちサワーも、すだちがたくさん入ってて良かった。

例によって食べるのに夢中で
写真が…食べかけ…

深川まごろくつくね
※つくねも美味しゅうございました。

深川まごろく鴨
※鴨の赤ワイン煮。のようなしゃれたメニューもある。
スポンサーサイト
テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

ウォーリー

古いおとぎ話のような楽しい音楽と一緒に、
高層ビルかと思わせるようなゴミの山が映し出されて、
その中で唯一動きまわっているウォーリーがいる。

映画の冒頭の情景だけで、
すぐにこの映画の世界を理解することができて、
私は魅せられてしまった。

主人公のウォーリーはゴミ処理ロボット。
仕事の合間にゴミの山から
自分なりのお宝を見つけては持ち帰って、
部屋にせっせとコレクションしています。

古いビデオのお気に入りのミュージカルのシーンを真似して
一人ウォーリーが帽子に見立てたゴミの円盤を
ちょっと頭の上で動かしただけなのに、
なぜかウォーリーのかわいらしさと孤独が私の心に流れ込んできて
涙が出そうになってしまった。
咳をしても一人、ってやつ?

そして、ゴミの先割れスプーン(アメリカにもあるんだ!)を
部屋の棚に仕舞おうとして、
フォークの仲間にしていいのか
スプーンの仲間にしていいのか、
ちょっと迷ってその真ん中に置いた時、
私はくすりと笑って、
もう完全にウォーリーに感情移入していました。


続きを読む
テーマ:ディズニー映画 - ジャンル:映画
昨日、うまれてはじめて、
二重の虹を見た。

マンションの廊下から偶然見つけて、
わーすごーい、と少し惚けてから、
あ!写真撮ってやろう!と思い立ち、
慌ててカメラを取りに行って、
サンダルを履いたまま部屋に入ってカメラをつかみとり、
あわただしく撮った写真です。

虹

カメラを持った時には、残念ながら、
外側の虹は消えかかっていて、
写真には写らなかった。
儚いものよのう。

全く関係ないけれど、
私が「儚い」という漢字を覚えたのは、
「お父さんは心配性」の中で、
「にんべんに夢と書いてはかないと読む」
という台詞があったから。

となりのアパートでも
屋上からおじさんがカメラを構えているのが見えた。
まだ夏休みではないけれど、
夏休みみたいな感じがした。
テーマ:空の写真 - ジャンル:写真

ヘルボーイゴールデンアーミー


ヘルボーイの続編らしいです。
私はその前作のヘルボーイを見ずに
続編を見てしまいました。
せっかちにも程がある。

でも、前作を見ていなくても、
みんなキャラがたっているから
すんなりヘルボーイの世界に入り込んで、
すぐに虜になってしまった。

色々な妖怪みたいな生き物が出てくるところも面白いし、
妖怪の市場みたいなところも、行ってみたい!
と思わせる素敵な場所だし、
妖精の王子のアクションも、
心に残るかっこよさ。

中でも私が一番気に入ったのは、
ヘルボーイと半魚人の友達が、
お互いの恋人への気持ちを打ち明けて、
二人で酔っ払いながら、ロマンチックすぎるラブソングを合唱するシーン。

別にこのシーンは、
わざわざヘルボーイでなくても
普通の青春映画なんかでもできるシーンだと思うけれど
なんだかせつなくて可笑しくて格別の味わいでした。

後から、DVD特典で収録されてた
監督のギレルモ・デル・トロのコメントを見ていたら
私の一番気に入ったシーンを、一番好きだと言っていたので、
ちょっと嬉しかった。

ちなみに、映画を見ていて、
この監督は、すっごくピュアでロマンチストなんだろうなー
と感じて好感を持っていたんだけど、
監督を見たら太ってて愉快なオタクみたいな風貌だった。
微妙にがっかりしたけど、
笑顔がかわいかったのでなぜか安心した。

あと、ネタバレになってしまうけど…
結構愛しく思って見ていた半魚人のちょうプラトニックラブが
結局、悲恋に終わってしまい、
私も涙を流しながら悲しみにくれていたのに、
本当にその悲しみの2分後位に、
ちょっとキテレツ大百科みたいな感じで
映画が終わってびっくりした…!

名作「スネークフライト」で、
大先輩がヘビの攻撃で死んじゃったのに、
最後に主人公とデートの約束して
ウキウキしてたスチュワーデスを見た時程ではないけど
びっくりした。
テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画
名古屋に引っ越した友達の家に遊びに行ってきました。

正直なところ、「友達に会う」という目的がなければ
一生行かなくていい場所だと思っていたけれど、
それは大きな間違いだった・・・!

おいしいものがたくさんあって、活気があって、
すごく楽しい街だった!
その中でも私の印象に残った
名古屋でおいしかった食べ物を紹介します。
続きを読む
テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ
キューティ・バニー

「ママ男」ですっごくかわいかった
アンナ・ファリスが主演です。
この映画でも最高だった。
かわいいのに、ちょう笑える表情がすごくうまい。

ストーリーは、
「アンナ・ファリス扮するお払い箱になったグラビア・モデルが、
ダメダメ女子大生たちの女磨きに一役買うコメディ。」
(allcinemaの解説より)
というお話。

この「ダメダメ女子大生」という言葉を、
勉強ができない、とかの意味ではなく、
ダサい、非モテという意味で使っているようですが
かなりやんわりとした表現かも。

実際は、もう、フリークスというか、
個性が豊か過ぎる面々が出てきます。

その「ダメダメ女子大生」たちは
元プレイメイトのシェリー(アンナ・ファリス)のアドバイスで
ファッションやメイクの腕を磨いて、大変身!
みんなに注目されるようになって、
男の子にも大人気!ヤッター!

となるんだけど、
ここまで、かなりすんなり人気者になっちゃうから、
見てて若干拍子抜けしていたら、
話は人気者になりました、めでたし、めでたし、
では終わらなくて、
ここからがこの映画の本当にいいところなんでした。

人気者になったけど、
なんだか私たち変わっちゃったんじゃない?って、
「ダメダメ女子大生」たちは、自分達で気がついて、
ちゃんと成長するし、
シェリーも初めて自分の中身について考えて
成長するところまで描かれているから、
まるで自分まで、かわいくてパワフルで聡明な女子になった気分になれた。

もう全然大学生じゃないけど、
私もちょっとがんばりますか!
テーマ:日本未公開作品 - ジャンル:映画

ママ男小

「ナポレオンダイナマイト」のジョン・ヘダーが主演、
というだけで見てしまった。

自立できてないマザコンの29歳の主人公の男が
ママにできた恋人を追い出そうとする話。

最初、主人公が愛すべきダメ男って感じじゃなくて、
本当にただの現実が見えてないダメ人間に見えてしまった。
せっかくかわいい女の子と出会って、
人生の大チャンスが到来しているのに、
主人公がなかなかいい方向に変化しなくて、ハラハラした。
結局、ちゃんと最後には成長してくれて、安心したけど。。。

いい年して自立してないダメ男が
親の再婚を機に自立するコメディ、という話だと
「俺たちステップブラザーズ」という映画があるけれど
そっちの方が断然笑えた。

でも、主人公が出会った女の子(アンナ・ファリス)がすっごく良かった。
そんなに美人て感じはしないんだけど、
表情がかわいくて、役にぴったりで、良かった。
キャンプでのキスシーンの、
見てるこっちが嬉しくなるような表情はとても印象的で、そしてロマンチック!

残念ながら多分、現実にはあんなダメ人間のために、
車をずっと運転してくれて、
更にやさしくキスまでしてくれる子なんていないと思うけど。

とは言いつつ、そんな女の子がいたらな~、って
思い描いている男子がいたら、かわいいと思う。
テーマ:日本未公開作品 - ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。