ミイラチョコ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

looper.jpg


公開初日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞。
王様のブランチとかでも紹介されてたせいか見事に満席。


期待してた面白さとは違ったけど、私は結構面白かった。
でも予想外のラストに劇場じゅうが一瞬ポカ~ンとしたのも肌で感じた。

隣の席の割と映画みてそうな若い男の子二人組のかたわれも
終わった瞬間「え~なんだよこれ~」ってあきれたようなため息をついてたし、
前にいたカップルの男性も「これじゃタイムトリップ映画とは言えない」みたいな不満を口にしてたし、
男の子二人組のもう一人も「まぁ、でも俺は面白かったよ」とは言ってたけど
手放しで褒めてる感じじゃなかった。

映画館に行って映画みて私が面白いと思うのはこうゆうとこ。
あのポカ~ンとした奇妙な空気って、あとからDVDでみても体験できないもの。
あと、周囲の人の会話を盗み聞きして
「私もそう思う!」とか勝手に同意したりするのも楽しい。


なんでみんな肩透かしを食らったように感じたのかというと
たぶん、予告とかの宣伝から想像してた内容の斜め上のストーリーだったからだと思う。

予告やなんかの映画の紹介はたいていこんな感じ。

殺すべき標的が30年後の自分というひねりの利いた設定と
巧みな脚本が各方面から絶賛されたSFアクション。
(中略)
2074年の世界ではタイムマシンが開発されていたが、その使用は法律で固く禁じられていた。
しかし、犯罪組織は(中略)タイムマシンで標的を30年前に送り、
待ち構えている処刑人“ルーパー”に殺害を実行させていた。
2044年、ルーパーとして30年後の未来から送られてくる標的の殺害を請け負っていた男ジョー。
ある時、そんなジョーの前に標的として現われたのは、なんと30年後の自分だった。
一瞬の隙が生まれ、未来の自分に逃げられてしまう現代のジョー。
ルーパーは処刑を失敗すれば、即座に犯罪組織に消されてしまう運命だった。
現代のジョーは、処刑を完遂すべく、すぐさま未来の自分の追跡を開始するのだが…。
(allcinemaより引用)

これだと、主人公がどんなとんちを使ってピンチを切り抜けるのか?
ってところがキモの映画に思えるけど、実際はそこが全然違う。


【以下ネタバレあり】

続きを読む
スポンサーサイト
テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画
ラブ・アゲイン



スティーブ・カレル主演の映画が映画館で観れるなんて!
共演者がすごく豪華だからかもしれないけど、すごく嬉しい!
そして、とっても良かった。

「デート&ナイト」も良かったし
スティーブ・カレルの夫婦倦怠期モノって
もっと観てみたいな。

シネマート新宿で観たんだけど
レディースデーと祝日が被ったせいか、思ったより混んでた。

【ストーリー】
ださいけど真面目で人のいいキャル(スティーヴ・カレル)は
突然、妻のエミリー(ジュリアン・ムーア)に離婚してくれ、他の男と寝た、と告白されて
情けないことに何も言えずそのまま離婚してしまう。
バーで出会ったプレイボーイのジェイコブ(ライアン・ゴズリング)に
キャルはモテ指南を受けて変身し、フニャチンの汚名を返上するのだが…
というお話。

今、allcinemaでライアン・ゴズリングを検索したら
「ラースと、その彼女」の人ってわかってちょうびっくりした。
確かに顔のパーツが中心に寄ってて同じ人なんだけど…
役者さんてすごいのね、別人みたいだよ。

ストーリーの中心はスティーブ・カレルとジュリアン・ムーアのカップルだけど
この映画ではその息子の恋やプレイボーイの恋も描かれる。

私が特に心に残っているシーンは
プレイボーイのライアン・ゴズリングがエマ・ストーンと恋に落ちるシーン。

エマ・ストーンは初めヤケクソになってプレイボーイの家に行って
一発やってやろうとするんだけど、いざとなっても、
この枕すごく頭にフィットする、TV通販で買ったの?
もしかして通販の変な椅子も買った?
っておかしなことばっかり気になって
プレイボーイもそのペースに巻き込まれて、
うん、あの変な椅子買ったよ、しかも2脚も!
って笑っちゃって
結局セックスそっちのけでおしゃべりに夢中になっちゃう。
そして、エマ・ストーンに
僕に個人的な質問してくれない?って頼むところがすごく素敵だった。
人に心を許すことの心地よさがすごくよくでてたと思う。

他にも素敵なシーンはたくさんあったし
(地下室の電源か何かが壊れたみたいな嘘をついて電話をするシーンとか卒業式とか)
笑えるシーンもたくさんあったし
(学校で面談するシーンとか庭での大ゲンカとか)
映画館を出るときには、
結婚してる人は相手を大切にしよう、って思って
してない人はソウルメイトがほしい、って思うんじゃないかな?


脇役だけどマリサ・トメイがはっちゃけてたり
最近間男みたいな役多くない?ってゆうケビン・ベーコンとか
ベビーシッター役の目と口がすごく大きくてかわいいアナリー・ティプトンという女優とか
いい役者がたくさん出てるところも楽しかった。

テーマ:恋愛映画・ロマンティックコメディ - ジャンル:映画
1911

ジャッキー・チェンの映画は必ず観に行くようにしてるので
当然のように観に行ってきた。

感想を一言で言うと、
私が中国人だったらもっと楽しめたんだろうな、という感じ。
中国人による辛亥革命の映画。
こうゆうの国威発揚映画っていうのかな?
(ドニー・イェンのレジェンド・オブ・フィストみたいな
ザ☆反日、みたいな成分はなかったから悲しい気持ちにはならなかったけど。)


TOHOシネマズ六本木ヒルズのレディースデーに行ってきたのだけど
時間が少し遅かった(21:30~)せいか
人が15人くらいしか入っていなかった…
ジャッキーが来日までしてくれたのに…
そして一緒に行った友達が映画が始まって2分くらいで寝た…

映画本編の前に歴史の解説があるレッドクリフ方式だから
歴史に詳しくない人でも大体どんな時代の映画なのかわかるようになってたけど
それでも最低限の知識はないと話についていけないと思った。

辛亥革命の理想をわかりやすく概念化して描いてはいたけど
人々の貧しい暮らしや抑圧されているシーンがこれといって出てこないので
自由や人間としての尊厳への欲求みたいな普遍的な感情を共有することができなくて
あくまでも中国のお話としてしか観れなかった。

私も中学・高校の教科書に書いてあった程度の知識しかなくて
しかも記憶がかなり薄くなってるから、映画観ながら
三民主義ってやつだっけ…?
革命未だならずって言って死んだのって孫文であってる…?
袁世凱って…義和団の乱…?義和団ってなんだっけ…?
と、常に自分の乏しい知識を引っ張り出しては
ストーリーと関係なくてしまい込む作業をしていて
結局そんなに物語に集中できなかった。

でも、戦争のシーンとかスケールが大きくて迫力があったし
ジャッキーの素敵な笑顔とか
よくわかんないけど自分の指を切っちゃうとか
女性の膝に顔をうずめる甘えんジャッキーとか
いいシーンもたくさんあった。

ジャッキーが狭い船底みたいなところで
唯一アクションを披露するシーンなんて
物語と一切関係ないけどすごく楽しかった。
ジャッキーがサービスしてくれたんだな~と思うと胸が熱くなる。

次は新少林寺だ!
年に何本もジャッキーの映画が公開される世の中って素敵だな!
テーマ:成龍 - ジャンル:映画
猿の惑星創世記

TOHOシネマズ渋谷でレディースデーに鑑賞。
9割以上、座席が埋まってて
レディースデーの割に男性も多かった。

「猿の惑星」シリーズは第一作しかちゃんと観てないけど
前日譚らしいから特に予習はしなかった。
結果、全く問題なかったし
たぶん、「猿の惑星」シリーズをいっこもみてなくてもわかる内容だったし
すごく面白かったから誰でも観に行ったらいいと思う!


主人公のウィルが開発しているアルツハイマーの新薬を投与されたチンパンジー(以下、猿)が
高い能力を発揮して、実験は大成功!と思われたが、
研究施設の檻から出そうとすると突然大暴れして、猿は射殺されてしまう。
実はその猿は檻の中でひっそり子供を産んでいて
自分の子供を守るために大暴れしたのだった。
利益第一主義の上司には実験の中止と猿たちの処分を言い渡され
ウィルは小猿をこっそり家に連れて帰る。
そこで小猿の驚異的な能力を目の当たりにしたウィルは
小猿をシーザーと名付けて自分で育てていたが
隣人とのトラブルから霊長類保護施設に入れなければならなくなってしまう。
そこで飼育員に虐待されたシーザーは…
というお話。


まず、あんな丸見えの施設でひっそり産みすぎでしょ!
とちょっと笑いそうになったけど
その後の展開が速くて、シーザーがかわいらしいから
その突っ込みもすぐに忘れてしまった。

本当に赤ちゃんシーザーは愛くるしくて
観客はみんな味方になってあげたくなっちゃうんじゃないかな?
隣の席の女性も「かわいい!」って思わず言っちゃってたし。

チンパンジー(以下、猿)はすべてCGだそうで
表情もぎりぎりまで人間に近づけて
生々しいお尻とかも毛で覆ってケダモノっぽさを少し排除してて
観客が共感しやすくなってたと思う。

あと、大きさが人間並にデカかったんだけど、そうゆう種類なのかな?
テレビに出てる猿のパンくんとかもっと小さいけど…

カメラも猿と同じように自由自在に動いて
楽しくて猿と同じ気持ちになれる。
子供部屋みたくカラフルな屋根裏部屋から
はしごやなんかをつたって動きまわる映像がすごく楽しかった。

あと、アメリカ杉に登るシーン。
生まれて初めて見る大きな大きな木を
うわーって呆けたように見上げるシーザー。
ウィルに「登っていいんだよ」って声をかけられて我にかえって
解き放たれたように無我夢中で木のてっぺんまで登るシーンがすごく良かった。

最後にもまた木のてっぺんまで登るんだけど
この時との対比も良かった。

そして、保護施設では
最低の飼育員に虐待されて、
家にあった窓の絵を壁に描いて恋しがってるところで泣きそうになって
その絵を消すところでもっと泣きそうになった。

(この飼育員がなんか見たことある人だな…と思ってたら
ハリーポッターのマルフォイだった。
愚かで性根の腐った奴を演じきっていたと思う。)

自由と尊厳を求めて立ち上がるシーザーがかっこよすぎで
私もシーザーについていこう!という気持ちになった。

シーザーはリーダーシップがあって
しかも理性的だから必要以上の攻撃はしないし
ほんとにできたお方だった。

シーザーがウィルの上司を見捨てるシーンがあるけど
後味が悪くならないように、上司に最悪の捨て台詞を言わせたりして
その辺りのさじ加減もうまい。
(でもあの上司は「金だ、金だ」とストレートに言い過ぎてて
キャラクターが薄っぺらだった。)

仲間のゴリラについては、私は男泣きだった。
あのゴリラもほんものの漢だった。

最後、一瞬、あ、ここで終わるんだ、と思ったけど
ラストがうまかった。
最小限の表現で世界に広がってゆく様子がわかるし
直接見せてないから余韻が残った。

隣人の「私はパイロットだからフライトに間に合わない」ってゆう台詞に
なんか違和感があったけど
最後に自然につなげるためだったのね、と納得。



テーマ:SF映画 - ジャンル:映画
チョコレートソルジャー


タイの素晴らしいアクション女優・ジージャーちゃんの主演作。
今度は酔拳にヒップホップダンスの動きをミックスしたような
独特なアクションを披露してくれたのに
残念ながらDVDスルー…
「チョコレート・ファイター」は劇場公開されたのに…

この映画では、タイっぽさが排除されてるってゆうか
キリスト教の教会みたいなのはやたら出てくるのに
仏教寺院は全然出てこないから、
ちょっとオシャレな感じにしたかったのか
あるいはタイ国内だけじゃなく世界を意識して作ったんじゃないかな?
と思ったけど、日本では劇場未公開の憂き目に…

ジージャーちゃんは超絶アクションをやってのける上に
ほんとにすっごくかわいくて、
(たまにヒゲが生えてるみたいに見えるカットはあるけど…どうにかしてやれ)
若い女優のもしかしたら一番輝いてるときかもしれないから
本当は劇場で観たかったよ…

特に一人で敵地に殴りこみをするシーンがキュートで
巻き戻して何回も観てしまった。

夜。倉庫みたいな殺風景な場所。
怯える女の子の前に立ちはだかる悪人の男。
デヘヘヘとだらしなく笑う男の背後の窓から
ニョキっと逆さまにジージャーが顔を出して
ストンと飛び降りて、立て膝で酔っ払いのポーズ。
酔いのまわった目つきで辺りを眺めまわして
不敵な笑みを浮かべたら攻撃開始!

軽やかにステップをふんでる姿はヒップホップのダンスみたいなんだけど
ヨロヨロ、フラフラしながら敵を攻撃する姿はしっかり酔拳で
そのアクションにもかわいさにも魅了された。

最後のバトルもものすごくて、
私は今、本当にすごいものを観ている!って感動しちゃった。

脚を反らして自分の頭の後ろから蹴り入れるのって
見た目もかっこいいし、蹴られた方もびっくりするよ!
富士急ハイランドの「ええじゃないか」ってゆうアトラクションは
最初から最後まで何が起きているのかわからない状態で
とにかく体をブンブン振り回されるんだけど
あの蹴りも「ええじゃないか」みたく何が起きたかわからないんじゃない?

その他のアクションも工夫がいっぱいで
足にビヨンビヨンって飛び跳ねるやつをつけたバトルシーンとか
(でもリュック・ベッソンかなんかの映画でみたことあるかも)
段差のある吊り橋での上下に入り乱れて闘ったりとか
アイスダンスみたく一人がもう一人の体を振り回したりとか
すごい顔の仲間と波打ち際で決闘するシーンとか
ほんとに全部すごかった。

波打ち際で決闘した仲間の顔が一番すごかったけど
他の仲間たちの顔もすごく良かった。
タイによくいるような牧歌的な顔で
全然イケメンじゃないところがいい。
海辺の決闘の人はトニー・チャー系のド迫力の顔だったけど
髪の毛で顔が見えないようにされててかわいそうだった。

allcinemaでもwikiでもその人たちの情報が全然なくて
かろうじてイケメン枠のカズ・パトリック・タンという人の名前しかわからなかった。
もっとこの人たちの映画がみたいのに、すごく残念。

残念といえばストーリー。
きっとすごく一生懸命考えた設定だと思うし
英題は「Raging Phoenix」だから
ジージャーが逆境から不死鳥のように立ち上がるイメージからは
確かにずれていないんだけど
もっと単純な復讐譚にしても良かったんじゃないかな、と思う。

例えば、ジージャーは敵に両親を殺されてたのに
捨てられたと思い込んで生きてて、
サニムに助けられて初めて真実を知って、
しかもサニムも同じ境遇だった、
っていう話なら、ベタだけど、ここまで意味不明な後味にならなかったと思う。
あれじゃ、ジージャーも助けられた婚約者も悲惨すぎでしょ!

でも、アクションはドニー・イェン顔負けって位すごいから
観ないと損だと思う。
テーマ:タイ映画 - ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。